秋の京都はすてきどす💛

みどり保育園

新年あけましておめでとうございます

「事業所内保育事業 みどり保育園」は 「医療法人 倫生会」が 「株式会社 メディカルサービス」に運営を委託され保育事業を行っています。
「株式会社 メディカルサービス」はみどり保育園だけでなく、「調剤薬局/枝吉薬局」「介護事業/ホープ」「グループホーム/希の丘」という4つの部署があります。
今年も
・地域の医療・福祉に真心のこもったレベルの高いサービスを提供するとともに、患者様・利用者様の立場に立った医療・介護・保育を目指す。
の経営理念を基にそれぞれの部署が今年も頑張っていきます。
よろしくお願い致します。

さて、この4部署が集まって、2年に一度職員旅行が行われます。
毎回、旅行開催年の春過ぎ頃には各部署1名ずつの幹事を出し合って、旅行委員会が開催されます。
部署によっては、日曜・祝日も関係なく就労している職員や子育ての職員もいるので、全員が旅行に参加するには難しいですが、それでも1人でも多くの職員が参加できるようにと幹事が旅行会社の方たちと案をひねり出してくれます。

今回の職員旅行は11月26日(日)に実施されました。
毎年、一泊旅行か日帰り旅行かと議論されるのですが、今回は一人でも多くの職員が参加できるようにと「日帰り旅行」に決まりました。
職員の意見も参考にしながら、「京都 はんなり 秋の旅/大人の遠足」と題して京都に決定!!
みどり保育園は通常なら休日保育も行っていますが、この日は保護者の皆さん(みどり病院)にご協力をお願いし、休園日にして頂きました。

貸し切りバスに乗車した参加職員28名は、定刻に職員駐車場を出発。
まず、第1の目的の「何かを体験」したいという職員の希望により京友禅染め体験工房にて京友禅染め体験を行いました。
巾着袋・タンブラー・扇子のいずれかを選択し、指導員の方の説明により徐々に出来上がっていく自分の作品に歓声が出ていました。

秋の紅葉真っ盛りの二条城や平安神宮・清水寺等、観光客であふれかえっているのをバスの車窓から拝見して、次の目的地の京都ホテルオークラ別邸「粟田山荘」へ到着しました。
今回の旅の最大の目的である、「舞子さん・芸子さんとの会食」となりました。
舞子さんと芸子さんが部屋に現れた途端に、職員の歓声とため息が部屋中に蔓延しました。
舞子さんと芸子さんにお酌をしてもらう職員、記念写真を撮ってもらう職員、いろいろと質問する職員等で、お食事は後回しとなりそうなぐらい興味津々でした。
山荘の周りの紅葉もさることながら、季節の食材を使用された懐石料理に舌鼓をうちながら、舞子さん芸子さんの踊りにも魅了された2時間でした。

最後の観光は「伏見稲荷神社」。
やはり京都の観光人気NO1の神社とあって、人込みをかき分けての参拝となりました。

高速道路や京都市内の混雑が予想されていましたが、スムーズに移動ができ、行程通りに1日が終わりました。
2年に一度の職員旅行も事故やケガ、迷子(?)もなく無事に終了。
違った職種の職員同士ですが、1日和気あいあいと交流が持てた機会となりました。
さてさて2年後はどこかな?!

メニュー