「学ぶ」

看護部


今年は、酉年で成長を意味する年と言われています。
当院でも各自が成長できる機会を得ることで、与えられたポジションで育っていってほしいと願っています。
医療に携わる私たちは、学生時代に国家試験という免許取得を目標に勉学に励み、合格して今があります。
しかし免許を取得出来たからといっても私たちはここからがスタートなのです。
社会人になっても勉強は続きます。
そして働くことの覚悟と意識も必要となってきます。
それだけではなく将来の目的を持ち、モチベーションを維持していかなくてはいけません。
国家試験・資格試験を受験された皆様、大変な思いで勉強されたと思います。
当院でも4月から仲間が増え、新しいことに挑戦できるチャンスの月だと思っています。
私たちは入職者の人達の希望に応えられるようサポートさせてもらいます。

さて今年度の当院のスローガンは、「学ぶ」です。
ひとりひとりの学びがチーム医療に貢献します。
各部署でも「学び」をテーマとして色々と計画しています。
看護部の取り組みとしては、看護に活かせられる学びをテーマにしたいと考えています。
昨年も外部の講師をお迎えして「看護を語る意味」を理解し、グループワークで今まで経験した看護の事例を上げて語り合いました。
患者様の病状をいち早くアセスメントが出来、患者様に対して気にかけ、察し、理解しようとする能力を高めていくことに努力していきます。
また看護の振り返りは私たちに課題を与えてくれます。
現場でお互いコミュニケーションを生む環境を作って認め合える雰囲気が必要でありそれが医療事故防止にも繋がっていきます。
そのために専門的知識を深め、勉強会開催にも力を入れていきます。
その日の与えられた仕事をこなすことに主眼を置いているようでは組織としても成り立ちません。
ともに学び、ともに育つ環境とお互い言える、聞ける環境を作っていきます。
その取り組みを看護部として今後も伝えていきます。
学びの中にコミュニケーションをたくさん取り入れていきたいと思っています。

メニュー