就職説明会に向けて~リハビリテーション科より~

みなさん、ご存知でしょうか?
9月10日(土)に、当院では全職種を対象とした就職説明会を開催いたします。
当日は、私たちリハビリテーション科も、見学ツアーや部署紹介を通じて、参加者のみなさんにみどり病院の魅力をお伝えしたいと思います。
今日は、その予告編として、リハビリテーション科での仕事内容と職場の雰囲気を簡単にご紹介いたしますので、興味をもっていただいた方は、学生さんも既卒の方も是非お気軽にご参加下さい。
リハビリテーション科の部署紹介ページはこちら

どんな職場? どんなお仕事?

当院のリハビリテーション科は、理学療法士7名、作業療法士1名、リハビリ助手1名の計9名のスタッフで構成され、リハビリテーション科としては決して大人数ではありません。しかし、新人から中堅、ベテランスタッフまで密にコミュニケーションをとり、高いチームワークで、患者様もスタッフも笑顔の絶えないアットホームな雰囲気の中、業務を行っています。

午前は入院と外来、午後は入院患者様のみリハビリテーションを実施し、医師や看護師、その他スタッフとも協力しながら、患者様の動作・活動性の向上、早期退院、社会復帰を目指します。施設基準は、脳血管Ⅱ、廃用症候群Ⅱ、運動器Ⅰ、呼吸器Ⅰ、がん患者リハビリテーション料を届出しており、心大血管疾患リハビリテーション料の新規取得に向けて準備中です。中枢神経疾患や整形疾患等の発症初期や術後の急性期リハに加え、心臓弁膜症センターの開設以降、心臓血管外科手術後の心臓リハビリテーションも積極的に行っています。また、糖尿病教育入院の方への運動指導や予防リハビリテーションの一環として、地域の方へ向けた健康教室なども行っています。

教育・研修体制としては、全職員対象の院内研修に加え、部署内での勉強会(ミニレクチャー)を実施しています。週替わりで発表者となり、それぞれのセラピストが得意する分野や研修会で学んだことなどをテーマに勉強会を行い、チーム全体の知識・技術の向上を図ります。また、前述の通り、少人数でアットホームな職場なので、先輩セラピストからの助言も受けやすい職場です。

参加者の方へ一言

リハビリテーション科は、いつも明るく、ときに厳しく患者様の寄り添いながら、リハビリテーション治療を行っています。
就職説明会では、当院4Fのリハビリテーション室の見学や理学療法士による部署紹介を通して、少しでも、みどり病院リハビリテーション科を肌で感じていただけたら幸いです。スタッフ一同、みなさまにお会いできることを楽しみにしております。

20160910_career fair

メニュー