みどり訪問看護ステーションより ちょっと一息

20160629_visitingnurse-midori_01

こんな職場です

今回はちょっと一息。
みどり訪問看護ステーションの職場風景、楽しい一コマをご紹介したいと思います。
我々訪問看護ステーションでは看護師9名、理学療法士1名が働いています。
同じ事務所に居宅介護支援事業所のケアクラブが併設されており、ここには2名のケアマネさんと1名の事務員さんが働いていますから、総数13名(全て女性です)のスタッフが協力して在宅支援を行っています。
朝8時30分から全員で申し送り。
前日の訪問内容を報告し今日の訪問予定を確認します。
そのあと訪問看護スタッフで細かい打ち合わせをして、いざ出発!

いつも季節を感じます

車を使うことが多いのですが、徒歩や自転車での訪問もあります。
行く道々では季節の花、空、風…いつも季節を感じます。
20160629_visitingnurse-midori_02
春は桜。
残念ながらお花見に行く時間はありませんが、沿道や駐車場には立派な桜並木。
毎年咲いているのですが、毎年の如く「わぁ~きれい!」と感動です。
花粉症のスタッフにはマスクが欠かせません。
いつもはコンタクトレンズですが、この季節だけは眼鏡に変身するスタッフも数人います。

梅雨は字の如く“雨”が大敵!
濡れた身なりで家に上がらないよう気を遣います。
この季節、靴下の予備は欠かせません。
20160629_visitingnurse-midori_03
夏の大敵は“強い日差し”!
車を運転することが多いためか、右腕が左腕より黒くなります。
私の顔のシミが右半分に多いのも紫外線のせいでしょうか…
長袖を着たり、日焼け止めを塗ったり、運転中もつばの広い帽子をかぶったりと、スタッフそれぞれ紫外線対策をしているようです。
公園の横に車を停めると、木の幹にセミの抜け殻を発見!
子どもに見せてあげたいと思いつつ、訪問に遅れてはならないといつも素通りです。

秋はすがすがしい風。
紅葉がとてもきれいな場所を発見できます。

台風の時はとても大変!
警報で学校が休みになると仕事に来ることができないスタッフもいます。
しかしながら、警報が出ているからといって訪問を中止することはできません。
出勤できるスタッフで協力して訪問に回ります。

冬はクリスマスネオンがとってもビューティフル!
最近は普通の家でも玄関先にイルミネーションを飾ってあることが増えてきました。
遅い時間帯の訪問の帰り道では、心が癒されます。
でも冬は寒い!若者とはちがいおばちゃまたちにはヒートテックとカイロが欠かせません。

こころ温まるエピソード

「あんたここに住んでええよ」
→「まさか~!」

「息子の嫁になってくれへん?」
→「とっくの昔に結婚してます」

食べることができない利用者さんの誕生日
「かわりにお誕生日のケーキを食べてあげて」
→この時ばかりは「いただきまーす」

ターミナル期の訪問入浴後「ビールが飲みたい」
→「どうぞ」
→「お・い・し…」
      

ハプニング集

20160629_visitingnurse-midori_04
➢ 運転中に緊急コール電話が鳴りすぐに応対。次の瞬間、ピッピッピ!!お巡りさんに手招きされ罰金、減点!全て自腹です。
➢ 駐車した時に駐禁除外カードを出し忘れ、黄色い違反切符がヒラヒラ…罰金15000円!これも自腹です。
➢ 気が付くと左のサイドミラーがない!どこで落としたんだ…!
➢ ペットの飼い犬、利用者さんにとっては大切な家族なのですが、噛まれて負傷!
➢ ベッドの下にあるマットに足を置いたとたん“ジュワ~”…おしっこを漏らしたあとだった!
➢ 体の大きなスタッフ。家の中を普通に歩いていましたが、突然床が下がってしまった!
➢ 車に乗ろうとした瞬間、大きなヘビが車中に入りこんだ!「ワー」「キャー」の大騒動!

終わりに

と、このような感じで日々雨にも負けず風にも負けず訪問に回っています。
苦労もありますが、みなそれぞれにその苦労を楽しんでいるようです。(というのは管理者の私の勝手な思い込みでしょうか?)
もし街角で「みどり訪問看護ステーション」「ケアクラブ」のロゴに乗っているスタッフを見かけた際は、どうぞ心温かく見守ってください。
声をかけていただければ嬉しいかぎりです。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

メニュー