就職説明会 「前へ」

いよいよ就職説明会も2週間後に迫ってまいりました!
今回は満を持して院長の登場です!今年の病院のテーマについて、院長先生のスタッフに対する思い、スタッフに求めるもの…などお話を聞いてみました。

《今年の病院のテーマについて》

今年のテーマは…

     「前へ」

その思いは…
・学ぶ
医学の進歩が目覚ましい昨今において、我々の日常臨床も日々変化しています。
“現状のまま”で良しとするのではなく、仕事と平行し、新しい知識や技術を学ぶ。

・積極的に取り組む
医療事故などリスクの多い職場において、「気づいたこと」を言える環境が、患者やスタッフを守るセーフティネットになる。安心して働ける職場にするために、小さなことでも発信できる人(それをいいと思える人)と環境作りに積極的に取り組む。

・向かっていく姿勢=逃げない姿勢
時には、今までの自分を捨てて“攻める”気持ちを持つ。そんな気持ちを持ち続ける。

・将来を考える
継続的に存在しうる病院へ。“今が良ければ”はダメ。スタッフはここで育って、成長する。病院は組織として確立する。

《仲間になってほしい人材》

「まじめに医療をする人」学んで、実践し、向上する意欲のある人。やりたい医療をとことんする。それをおもしろいと思える人。

 

改めて書くと、なんだか堅苦しい話に聞こえますが、院長先生のモットーは「よく遊び、
よく学ぶ」ことだと、笑顔で話してくださいました。
今年のテーマ「前へ」。もちろん時には足踏みも、休憩することも大切。少しずつでいいか
から成長する努力、その気持ちを持ち続けてほしい…
みどり病院は108床の大きいとは言えない病院ですが、108床の病院“だから”できない
のではなく、108床の病院“でも”こんなことができると言える医療を追い続け、実践して
いる自負が我々にはあると院長先生はおっしゃいます。

日常の業務の中では、直接こういったお話を聞かせて頂く機会はなかなかありません。
今回、お話を伺いながら、まだまだ色々なことにチャレンジしていきたいと思いました。
これから一緒に働いてくれる仲間にはもちろんですが、現職のスタッフにも聞いてほしい
なぁと感じます。

最後になりますが、院長にとってスタッフとは、共に働ける人、共に成長できる人、共に
苦労できる人、だそうです。
みどり病院で、院長先生をはじめ私たちと、共に働き、成長し、苦労してくれる人、大
歓迎します!ここで、あなたの「道」のスペシャリストになりませんか?

▷平成30年2月3日(土)みどり病院就職説明会 参加申込はこちらから

*投稿記事はみどり病院のfacebookにリンクさせています。
みどり病院のfacebookを「いいね」「フォロー」して頂ければ、読みやすくなると思います。

▷倫生会 みどり病院facebook
メニュー