就職説明会 職員インタビュー④


今回は実際に産休をとって、仕事復帰をした職員のインタビューです。
入る前の手続きや、引き継ぎ、復帰時の準備など、気になるあれこれを聞いてみました。

Q1:産休に入る手続きは?

産休に入る1ヵ月前までに総務課で管理している「産休届け」の書類に出産予定日や休職期間(予定)などを記入し、所属長へ提出しました。

Q2:産休明けの手続きは?

産休終了後、育休を約1年間取得しました。産休明けから育休取得への手続きは特にありませんでしたが、出産育児一時金や出産手当金の手続きのため、出産後に医療機関から証明をもらい、各申請書を記入し、総務課へ提出しました。

Q3:どんな準備をしましたか?(休みに入る時の引き継ぎ、復帰時の準備など)

休みに入る時は、同じ部署内の退院支援看護師やソーシャルワーカーへ自分が担当している入院患者様の治療経過や今後の療養先について把握していることを伝達しました。加えて、患者様や家族様、各関係機関へ産休入りとなるご挨拶をし、担当者が変更となることをお伝えしました。
復帰するにあたっては、子どもを保育園に預ける必要があったので、みどり病院の事業所内保育を行っている「みどり保育園」へ連絡し、入園の申込みをしました。入園可能とのことで園長先生と面談をし、保育園で必要なものを購入するなどの準備を行いました。

Q4:不安だったことは何ですか?

仕事中は、医療制度や介護保険制度などが身近にあり、変更点や疑問に思ったことをその都度、調べるなどして理解できるようにしていたのが、休みに入ってからは育児中心の生活となり、約1年間のブランクができてしまったことです。

Q5:その不安は現在どうですか?

復帰後すぐは、やはり不安はあり、忘れてしまっていることを思い返したり、再度調べたり聞いたりしながら、業務を行えるようにしました。現在は復帰して2ヵ月程経っていますが、連携業務では全く同じ症例はないので、毎日学びながら患者様一人ひとりに合った支援を行うようにしています。

Q6:みどり病院を離れて思ったことは?

休みの間は、子どものことに専念しようという気持ちもありながら、職場を離れて寂しい気持ちやどんな様子なのか気になることもあったので、みどり病院のホームページで新着記事をチェックしていました。

Q7:みどり病院に戻ってきて感じたことは?

みどり病院に戻ってきて、スタッフから「待っていたよ」「またよろしくね」と声をかけてくれ、うれしい気持ちと、また頑張ろうという気持ちになりました。部署内でもあたたかく出迎えてくれ、ママさんスタッフも多いので、子どもが体調を崩しても気にせず休んでいいよと気遣ってくれ、協力しながら勤務することができています。

ありがとうございました。
妊娠中は体調管理も大変ですし、お仕事の引き継ぎなど、大変なことも多いと思います。
しかし、安心して出産の準備に入れるよう、皆でサポートできる態勢が整っているのだなと、お話を聞いて改めて思いました。
分からないこと、不安なことは、相談できる部署や先輩もたくさんいます。
働きやすい環境で一緒に働いてみませんか?

▷平成30年2月3日(土)みどり病院就職説明会 参加申込はこちらから

*投稿記事はみどり病院のfacebookにリンクさせています。
みどり病院のfacebookを「いいね」「フォロー」して頂ければ、読みやすくなると思います。

▷倫生会 みどり病院facebook
メニュー