就職説明会 職員インタビュー①

今回は実際にみどり病院で働く仲間の声をお届けします。
臨床工学技士として4月から入職したフレッシュな二人に突撃インタビューです!

入職前、どんな就職活動をしましたか?

T:大学が大阪で、神戸の求人が少なかったので、病院のホームページを見て採用しているか調べました。
M:インターネットの求人を見て、病院見学をさせてもらいました。
みどり病院に応募したきっかけは?(みどり病院を知った経緯は?)
T:ホームページを偶然見つけて、見学した時に、部長・師長・主任が親身に接してくれたので当院に応募しました。
M:家から近く、長く働くことが出来ると思ったので。

みどり病院に就職を決めたのは?

T・M:透析、オペ、カテーテル、人工心肺、機会管理などの幅広い業務があり、色々経験できるからです。

実際に働いてみてどうですか?

M:透析業務をメインに行って、他部署でも活動するので、仕事内容が幅広いです。
T:透析室のスタッフだけじゃなく、他の部署の人たちも優しくて、すごく助けられることがあります。

びっくりしたこと、困ったことは?それをどう乗り越えましたか?

M:働き始めてからスタッフが減り、その分の仕事が増えたこと。たくさんの仕事をこなす必要があるため、要領よく、正確に動くことを考えました。
T:一番の支えは同期がいることです。お互い同じ大変さを味わっているので悩みを聞いたり、聞いてもらっていることで、知らない間に悩みがなくなっています。

うれしかったことは何ですか?

M:患者さんに「ありがとう」と言ってもらえることです。
T:同じです。また、つらい事が顔に出てしまった時に、患者さんが心配してくれたこともありました。僕たちスタッフは患者さんを診ていますが、患者さんもスタッフの顔をよく観ているんだなぁと思いました。

これから、みどり病院でやりたいことは?

M:病院全体の人に、名前と顔を覚えてもらい、頼られる臨床工学技士になりたいです!
T:みどり病院の臨床工学技士は人数も少なく、僕たち新人もまだまだ戦力にならない状態ですが、少しずつでも知識と技術をつけて、みどり病院の臨床工学技士を大きくしたいと思います!

お二人ともありがとうございました。
インタビューにもあるように、二人はとても仲が良い印象です。4月から半年、色々な行事にも積極的に参加してくれて、すっかりみどり病院にも馴染みました。
フレッシュパワーでますます盛り上げてくれると思います!

次回は当院の教育体制についてお伝えしたいと思います。
乞うご期待!

*投稿記事はみどり病院のfacebookにリンクさせています。
みどり病院のfacebookを「いいね」「フォロー」して頂ければ、読みやすくなると思います。


倫生会 みどり病院facebook

メニュー