就職説明会に向けて〜検査科より〜

みなさん、ご存知でしょうか?
9月10日(土)に、当院では全職種を対象とした就職説明会を開催いたします。
当日は、私たち検査科も、見学ツアーや部署紹介を通じて、参加者のみなさんにみどり病院の魅力をお伝えしたいと思います。
今日は、その予告編として、検査科での仕事内容と職場の雰囲気を簡単にご紹介いたしますので、
興味をもっていただいた方は、学生さんも既卒の方も是非お気軽にご参加下さい。
みなさまとお会い出来ることをスタッフ一同楽しみにしております!
検査科の部署紹介ページはこちら

どんな職場? どんなお仕事?

みどり病院検査科では、検体部門と生理部門に隔たりなく全員で分担しながら検査を行っています。検査の内容も検体検査では血液一般から生化学、凝固検査に始まり血液型•クロスマッチ、尿沈渣に至るまで多種の項目を行っています。 生理検査としては心電図、呼吸機能検査、ABI、負荷心電図(マスターダブルやトレッドミル)、ホルター心電図の装着並び解析、カテーテル検査時のポリグラフ監視、心臓超音波検査では通常の心エコーに加え運動負荷・薬物負荷・経食道エコー、腹部超音波検査ではエコー下穿刺やPTCD,PTGBDなどの特殊検査などの幅広い検査を担っています。その他に頚動脈、下肢(A,V)、腎動脈、甲状腺、乳腺エコーまで多部位に渡る検査をしています。
日本超音波学会認定検査士として消化器領域 1名、循環器領域 3名が在職しており後輩検査士育成にも尽力しています。
院内では心外の手術前のカンファレンス、消化器領域の手術・治療に関するカンファレンス、またはカテーテル検査・治療に関するカンファレンスに出席する事で各患者さまの病態把握並びに、さらなる知識向上を目指しています。
入職して4年目を迎えていますが、毎日、何かしら新しい事との出会いがあり驚きや感動でいっぱいです。 先輩技師や医師からの指導・指摘を頂いて反省や後悔をすることがあっても、それが次の検査の向上に繋がりスキルアップ出来る喜びとなります。 今年度は新卒者1名が加わり各分野を担当制で指導にあったっています。 指導をする側に立つということで教わる事も多く、たくさんの学びがあります。 特に循環器領域の学びを希望される方、また消化器や乳腺等においても検査室内だけでなく専門のDrに直接指導を仰ぐ事ができる職場です。
みなさん、みどり病院の検査室の新たな一員になりませんか?

参加者の方へ一言

検査科では、日々の検体検査や生理機能検査を技師一同で分担しながら行っています。正確な結果を迅速に出すのは勿論、超音波検査等では今後の治療方針に活かせるような結果を提供できるように努力しています。
この就職説明会を通して、施設の見学だけでなく、職員や患者さんの雰囲気・表情などを感じ取っていただければとても意義のあるものになると思います。
私自身、去年、病院見学をさせていただいた経験から、やはり、その病院の雰囲気に触れるには、実際に病院に行ってみるのが一番だと思うので、この機会に是非ともご参加ください。
職員一同お待ちしております。

20160910_career fair

メニュー