みどり病院でのマタニティーライフ

検査科

みどり病院に入職して約1年。
現在産休中の検査技師です。
赤ちゃんが産まれてくるまでの束の間の休息を満喫中です。
本日は産休入りまでの道のりをご紹介します。

私がみどり病院に入職する際、妊活真最中。
私、「妊活したいんですけどいいですか?」面接時にも聞いてしまった位に切実な問題でした。
でも、「みどり病院に就職したら妊娠できるよ。なぜかみんな妊娠するのよ。」とみんなが口をそろえておっしゃいます。
半信半疑でしたが、仕事内容、勉強会の充実した魅力的な職場だったので働かせていただくことを決意。

実際に入職したら妊活忘れちゃうくらいに毎日楽しくて。
院長のレビューや術前カンファレンス、先輩方からの指導など、勉強になることばかり。
ついていくのに必死の毎日でした。
試用期間が終わる頃、念願の妊娠!!
え?早くも?と自分でもびっくりしてしまうほどでした。
あの言葉は本当だった!
しかし仕事もまだまだなのに、こんなに早く妊娠してしまって皆さんに迷惑をかけてしまうのではないかと不安でした。

比較的つわりが軽く、順調に経過していたのですが、6か月に入ったある日、股関節の痛みで歩けなくなってしまいました。
もともと変形性股関節症の私、年に数回股関節の痛みがでるのですが、ついにそれが出てしまいました。
いつもはロキソニンを飲んで痛みを抑えていましたが、妊娠中のため飲めず。
突然のお休みからの杖をついての出勤と大変なご迷惑をおかけしているのにもかかわらず、皆さん優しく、技師長は私の体にあった杖を手配してくださり、薬剤部長はロキソニンにかわる薬や用量を調べてくださりと、本当にお世話になりました。
おかげさまで、痛みは1週間程度でおさまって、またバリバリ働くぞと思っていたら今度は突然の出血でお休み。
さらには妊娠糖尿病が発覚し、日に何回も血糖を測定するわ、分割食のため変な時間に間食し始めるわと、かなりご迷惑をかけっぱなしのマタニティーライフでしたが、その都度、検査科の皆さんのみならず、看護部長はじめ他部署のみなさんも優しく声をかけてくださいました。
周りの皆さんの温かい心づかいのおかげで無事ここまでこられたと思っています。

私は特殊なケースかもしれませんが、本当に妊婦でも働き易い環境です!
さらに、みどり病院には保育園があるので育休後の職場復帰も安心です。
もちろん、子育てと仕事の両立ができるのかという不安もありますが、皆さんに恩返しできるように復帰後も頑張っていきたいと思います。

メニュー