総務課オススメ役立つ文具

総務課

20160408_general-affairs_04
みなさん「文具」と聞いて最初に思い浮かべるものは何でしょうか?
ボールペン・ノート・はさみ・のり・・・
日常生活でも接することが多い文具ですが、事務作業の多い総務課では様々な文具を使っています。
そんな役立つ文具たちを2回に分けてご紹介したいと思います♪
今回は「よく使う文具」と「密かに役立つ文具」編です。

では早速、よく使う文具の紹介です。

ポストイット(付箋)

様々なサイズや、目立つ蛍光色のものなど、バリエーションが豊富にあります。
書籍や書類に貼る以外に、パソコンの枠や机などに貼り付けて備忘録や伝言メモとして使われることも多いです。
はがれにくい、より強い接着面を持つポストイットもあります。
みどり病院の総務課では、小さいこの子が大活躍です!
20160408_general-affairs_01

 

テープのり

手についてべとべとしたり、周りを汚したりする心配がなく、ピッと引くだけで簡単にのり付けができるので、作業時間も短縮できます。
また、紙がふやけてよれたりシワになったりしません。
作業途中で放置しても、のりの乾燥の心配もなく、貼り付ければ瞬時に接着します。
封筒の封をすることによく使っています。

 

修正テープ

ケチャップの形をしたかわいいものや、消しゴムと一体型になったものなど、さまざまな種類の修正テープがあります。
みどり病院の総務課では、一般的な横引きタイプのものを使っています。
詰替用もあり、本体カバーと詰替部分を引き離すだけで簡単に交換できて便利です。
20160408_general-affairs_02

次に、密かに役立つ文具の紹介です。

 

ビニールパッチ

20160408_general-affairs_03

これが何かご存知でしょうか?
これは、簡単に言うと穴の補強シールです。
パンチで穴を開けファイリングした書類は、何度もめくっているうちに穴が破れてしまうことがよくあります。
そんな時、このシールを穴を開けた部分に貼っておくと、破れる心配がないので安心です。
重要な書類を取り扱うことが多い私たち総務課では大活躍しています。

 

アラビックヤマト(補充用)

20160408_general-affairs_04

このパッケージはみなさん1度は見たことがあると思います。
ですが、通常のものと少し異なるのが、内容量です。
400ml入っており、通常サイズの詰め替え用として使われています。
これには、スポンジキャップの替えが8個付いており、古くなったスポンジキャップだけを取り替えることができます。
エコと節約に繋がっているのです。

 

封切り(レターオープナー)

20160408_general-affairs_05

その名の通り、封筒を開封する際にきれいに開けられるカッターです。
総務課には毎日たくさんの郵便物が届きます。
封筒に入っているものがほとんどで、のりやテープを無理にはがそうとすると破れたりして汚くなってしまいます。
それを防ぐことができるこの封切りはとても便利です。

 

まだまだたくさん文具はありますが今回のご紹介はここまで・・・

総務課では他部署から依頼のあった文具をいくつかの業者で価格を比較し、一番安いところから発注しています。
こんなところでも、総務課は業者との架け橋となっているのです。
文具が納品されたら各部署へ配布する段取りも私たち総務課の仕事のひとつです。
これもちょっとした架け橋ですね。
6月頃の文具パート2の記事もお楽しみに~♪

メニュー