当院の歴史

みどり病院は、昭和55年の創立以降、全職員全施設が一丸となって来院患者様の診療にあたっております。今までもこれからも神戸市西区を中心とした地域医療に貢献すべく、各診療科の専門治療体制を充実させ、適切かつ安全な医療を提供できるよう尽力してまいります。皆様、どうぞよろしくお願い申し上げます。

04_history_1
▲ みどり病院 30周年記念誌

沿革

昭和55年4月みどり診療所 開設 19床
昭和56年2月第1回健康講座「糖尿病」開催
昭和58年9月みどり病院 オープン 84床
昭和59年12月108床に増床
昭和62年5月死と脳死を考えるシンポジウム 開催
平成4年5月第1回肝炎セミナー 開催
平成7年8月仮設診療所「クリニック希望」開設(西神ニュータウン)
平成10年5月「クリニック希望」移設(西神南)
平成13年7月人工透析室 開設
平成15年4月医療法人化 医療法人社団倫生会 みどり病院となる。
額田 勲 理事長就任、稲波 宏 病院長就任
平成17年7月PCI(経皮的冠動脈インターベンション)開始
平成18年4月「みどり保育園」 新築移転
平成19年1月全館リニューアルオープン
平成24年4月稲波 宏 理事長就任、室生 卓 病院長就任
平成25年4月岡田行功 心臓弁膜症センター長 就任
平成25年7月心臓弁膜症センター 開設
平成26年2月心臓CT開始
平成26年11月齋藤 正樹 外科部長 着任
メニュー