高熱、下痢、嘔吐の方はマスクの着用をお願いします!!

医事課

20151228_medical-coding_01
例年に比べて温かく過ごしやすい日々が続いていましたが、12月になり日が陰るのが早くなり、寒い日が多くなってきました。昼夜の気温差が大きく、風邪をひきやすくなってきています。
ご体調はいかがですか?
帰宅時の手洗い、うがいなどの予防策も大事ですが、自己防衛の為にもマスクの着用をお勧めします。

風邪症状で受診される方、特に高熱で受診される方は、インフルエンザの可能性がありますので、感染防止のためにマスクの着用をお願いします。
それと同時にお座りになられる場所もご案内させていただきますので、ご体調がすぐれないとは思いますけれども受付に声を掛けて下さいますよう、よろしくお願いいたします。

インフルエンザに感染された方は、会計や薬の受け渡しの仕方が、他の患者様とは異なります。
職員より説明させていただきますので、ご注意下さい。
同様に、下痢、嘔吐症状で受診の方は、ノロウイルス、ロタウイルスに感染している可能性があります。
接触感染しますので、職員の指示に従って下さい。

また、入院患者様のお見舞いや付き添いで来院される方も、マスクの着用と手指の消毒をお願いします。
冬場はインフルエンザやノロウイルスなどの感染症が流行しやすい時期です。
ノロウイルスの感染は、軽い風邪症状で済む方、自覚症状の無い方もおられるので、感染に気付かない方もいらっしゃいます。
入院患者様は抵抗力が落ちていますので重症化につながり、二次感染により病院全体に広がる恐れがあるため、症状の有無に関わらずマスクの着用、手指洗浄・消毒をお願いいたします。
逆にお子さまなど、お見舞いに来られた際に病気を持って帰らないように、予防としてマスクの着用、帰宅時の手指洗浄・消毒、うがい等の対策も合わせてお願いします。

もうすぐお正月。病気にならずに新年を楽しく迎えましょう。

メニュー