第142回糖尿病教室開催報告

20160817_diabetes_class_report_01

日時:2016年8月17日(水)14:30~15:30

参加人数:約30名

第142回 糖尿病教室は

『お薬について(内服編)』  薬剤師

『しっかり食べよう!(おかず編)』 管理栄養士

の二本立てでお話ししました。

 

  • 『お薬について(内服編)』 薬剤師

今回は、飲み薬(内服薬)についてのお話しをしました。ここ近年糖尿病の治療薬はめまぐるしい進化を遂げていて、内服薬の種類も一昔と比べると、かなり増えました。

それらをざっくりと分けると、

  1. インスリンの分泌を促すお薬
  2. 食後の血糖値を下げるお薬
  3. インスリンの効きを良くするお薬
  4. 糖を尿中に出す事で血糖値を下げるお薬

の4種類に分類する事が出来ます。

これらの中で、①の“インスリンの分泌を促すお薬”は一番効果的にも優れているお薬ですが、「低血糖」を起こす事があるので注意が必要です。又、④の“糖を尿中に出す事で血糖値を下げるお薬”は、一番最新のお薬で、1日に500ミリリットル程オシッコの量が増えますので、特に夏場は脱水症状を起こさない様に水分をしっかり摂る事が大切です。

低血糖症状の覚え方は、「は・ひ・ふ・へ・ほ」

低血糖には、“ブドウ糖”!!

ブドウ糖は、飲んでから15分間はじーっとしておいて下さいね。

今回は、それぞれの薬について詳しい内容まではお話しする事は出来ませんでした。詳しい内容をお知りになりたい方は仰って下さい。いつでも説明いたします。

 

  • 『しっかり食べよう!(おかず編)』 管理栄養士

血液中のブドウ糖は筋肉でも使われます。しかし、年と共に筋肉は減ってしまいます。

減らさないようにするには「運動」と「食事」が大切です。

今回、管理栄養士からは筋肉を減らさないための食事の仕方をお話ししました。

 

次回はそろそろ紅葉の時期です!!

20161019日(水)14:30~、

『あなたの足は大丈夫~糖尿病に潜む怖い足の病気~』(看護師)

『手軽に食べよう(野菜編)』(管理栄養士)

を予定しています。

今回は「運動」のちょっとした実践もあります。

盛りだくさんですのでお楽しみ~☆

 

★一言コメント★

食事の話をしたときに、患者様の足の指が重なって皮が硬くなっていると言われました。

そこで当院で行っているフットケア外来を受診してもらいました。適切なフットケアの仕方を学ばれたみたいです。「紹介してくれてよかった!!!」と声をかけてくれました。それを言うためにわざわざ、教室に来てくれたみたいです。私もうれしくなりました。

次回はフットケアについてお話しします。意外と見落としがちな「糖尿病と足の関係」ですが、糖尿病にとって、とても大切です。いつもフットケア外来をしている看護師からの話です。プロの目線の足のケアの話を楽しみにしています。

メニュー