暑かった夏

みどり保育園

20161005_nurseryschool_01

プール遊び

今年の夏は、ほんとに暑かったと思うのは私だけでしょうか?
暑い夏にも関わらずみどり保育園の子ども達は外から聞こえてくるセミのように、元気いっぱいです。
小学校や幼稚園が夏休みに入り、学童のお兄ちゃんやお姉ちゃん、臨時保育のお友達も加わり、より一層にぎやかなみどり保育園となりました。
7月19日から始まった今年のプール遊びは、猛暑日がお盆を過ぎても続き、8月末まで延長することに決めました。
プール遊びの延長は数年ぶりです。
冷夏の年だったり、子どもたちの体調不良が続いたり、雨や台風が多い年があったりして存分に水遊びが出来ない年が多かったです。
しかし今年の夏は、冷夏でもなく台風も来ず、もちろん子どもたちも元気いっぱい!延長するには好条件でした。
いえ、この暑さでは長時間園庭に出る事も出来ないし、といって毎日保育室で過ごすのもストレスがたまるだろうし、プール遊びは今年の夏を快適に過ごせる手段でもありました。
早出の職員が園庭に準備したプールを見て「わあ~い」「今日はプールだぁ~」「ジャブジャブや~」と嬉しそうに子どもたちが登園してきます。
プールに入ると子どもたちの顔が更に生き生きとしてきます。
子どもたちには暑い夏も楽しい夏に早変わりです。

8月19日はバイクの日

819=バイクの日にちなんで、神戸市西区警察署の方から、イズミヤ/スーパーセンター神戸玉津店にて行われるイベントにご招待して頂きました。
当日は、白バイやパトカーに乗れると聞き、暑い中1歳児以上で(夏休み中もあり学童含む)参加させて頂きました。
普段なら、散歩中にパトカーを見て「あっ!パトカーや」「ピーポー・ピーポーや(救急車ですが)」とか「乗りたいなあ~」と立ち止まって、走り去っていくパトカーを見つめています。
この日は、目の前に停まっているパトカーや白バイに子どもたちは大喜びのはずが、暑すぎて会場に着いた頃にはヘトヘトでした。
しかし、会場の警察官のおじさん(失礼)に「乗っていいよ」と言われ、嬉しそうに飛び乗る子や、ドキドキしながらおそるおそる乗せてもらう子や様々でしたが、この時ばかりは暑さも忘れていたかのようでした。
乗りたくても乗れないパトカーに乗り、ハンドルを持たせてもらったり、パトライト(パトカーの赤くクルクル回るやつ)を点灯してもらったりで大喜びでした(^^)
帰りにはお土産をたくさん頂き帰路につきました。
やはり子どもたちは1番パトカーや救急車・消防自動車が大好きです。
これからも、交通ルールをしっかり守り、お散歩や園外保育に役立てたいと思います。
暑い中、警察官の皆様ご苦労様でした。

メニュー