ついつい口ずさんでしまう歌 ~子どもたちが大好きな歌~

みどり保育園

みどり保育園では、毎月クラスごとに季節に合った曲を決めて歌っています。もちろん決められた歌だけでなく、昔ながらの童謡や手遊びから、最新の子どもの歌まで、幅広く教えています。

2歳児のクラスは、言葉もはっきりと話せるようになるにつれ、しっかりと歌えるようになってきました。

たくさん歌える歌のレパートリーも増えましたが、今人気なのは「はたらく くるま」です。

やっぱり働く乗り物が大好きな子どもたち。

「きゅうきゅうしゃ!!」

「しょうぼうしゃ!!」

などのサビのところは、みんなでそろって元気よく大きな声で歌っています♪

次は、NHKの2020応援ソングプロジェクトの「パプリカ」という曲です。小学生の間で最近流行っていて、少しずつ子どもたちにまで浸透していったようです。

お友だちの一人がサビの「パプリ~カ♪」と歌い始めたら、知っている子どもたちが一緒に「パプリ~カ♪」と大合唱になっています。面白いですよね。

もうひとつは、「フィンガーファミリー」。

聞き覚えない題名ですよね。実はこれにはエピソードがあります。

ある日、一人の子どもが「いやや~♪、いやや~♪」と歌っていました。
繰り返しよく歌っていたので、何を歌っているのか気になって何度か聞きなおしてもわかりません…。

どうしても分からないので、ネットで調べてみよう!となりました。

You Tubeで「いややー いややー」と検索してみると…

偶然、「The Ringer Family 指さん家族」の動画を見つけました。再生すると聞き覚えのあるメロディーが…。

『これだ~~!!』

やっと見つけました!!指遊びも歌で、「お父さん指はどこかな?」「ここだよ」と教えていく英語の歌でした。
その「ここだよ」の歌詞の「Here I am, Hear I am」が、

「いやや~♪、いやや~♪」と聞こえていたみたいですね。

反抗期の2歳児。「いや~」というのが多い頃ですが、この歌は「いや」と言えるのでみんな大好きになったみたいです。

ちゃんと歌詞を教えていないので、聞いたまま覚えてしまうので、ホントの歌が分かった時は笑えてしまったり、感心したりします。

大人が教えていなくても、自然に覚えてしまう歌。

ついつい口ずさんでしまう歌。

みなさんも探してみてくださいね。

メニュー