「子どもたちにすてきな絵本を読もう2」  ~読書の秋、お家ですてきな絵本を読んでみませんか~

 

みどり保育園の玄関横に、図書スペースがあります。

お迎えを待っていた園児が

お母さんが迎えに来た時に

 

「これ、読んで~」

 

と、好きな絵本を選んで、読んでもらっています。

 

お母さんの膝の上で、一緒に読んでいる少しの時間が、

お母さんやに園児とって、

とっても癒しの時間になっています。

 

お家でも、たくさん本を読んでいると思いますが、

こんな素敵な時間を過ごせるように、

今回は、保育士から、園で読んでいるおすすめ絵本をご紹介します。

 

 

1.『おべんとうバス』 作・絵:真珠 まりこ

 

お母さんの手作りお弁当はみんな大好き!

お弁当がバスになって、おかずたちが乗り込んでいきます。

「ハンバーグく~ん」

「は~い」

と返事をして、バスに乗るおかずたち。

読んでいる子ども達も一緒に

「はーい!」

と返事をしてくれます。

 

全員乗ったバスを見ると

「やったー!」

と大はしゃぎ。

お弁当がもっと大好きになる絵本です。

 

 

2.『のりものくれよん』 作:まつなが あき 絵:はやし るい

 

みんな、お絵描きは大好き。

赤や黄色のクレヨンで描いた絵が

消防車やタクシー、トラックにと変身します。

「もういっかいみる!」

何度も楽しめる絵本です。

 

 

3.『おいしいおと』 文:三宮 麻由子 絵:ふくしま あきえ

 

食べ物の好き嫌いはありませんか?

料理や食材を食べるときの音を想像豊かに表現してくれています。

「これはどんな音がするかな?」

と食事に興味が持てる絵本です。

 

 

4.『あーそーぼ』 作:やぎゅう まちこ

 

一緒に遊ぼうと

「あーそーぼ」

と声を掛けるけど

「あーとーで」

と用事がる事を伝えられます。

でもその用事を

「まぜて~」

と用事を遊びに変えて、一緒に仲良く過ごしてしまいます。

 

「あーそーぼ」と親子で声をかけあったり

お友だちとの関わりや、仲良く遊ぶ事がわかる絵本です。

 

 

5.『きんぎょがにげた』 作:五味 太郎

 

水槽に一匹だけの丸くてピンクの可愛らしい金魚が逃げだし、

部屋のどこかに隠れてしまいます。

 

「どこににげた?」

探して絵本に見入ってしまい

「ここ!」「いた!」

と指差しをして教えてくれます。

 

親子で一緒に探して、楽しめる絵本です。

 

 

金魚と言えば、こんなお話があります。

保育園で数年飼っていた15㎝ほどの大きな金魚がいました。

結構大きく、えさをあげようと近づくと寄ってくる

子どもたちも大好きな

かわいらしい金魚さんでした。

 

しかし…

事件が起こりました。

 

朝、保育士が出勤すると

金魚が、水槽から飛び出して、

廊下に行き倒れていました。

すぐに、水槽に戻しましたが、

泳ぐことなく、天国へ行ってしまいました。

 

保育園の金魚も寂しくて水槽から逃げたかったのでしょうか…

天国で自由に泳ぎ回って欲しいと願っています。

 

最後に…

 

前回、株式会社ENEOSウイング様より職員にマスクを寄贈頂きましたが、

今回は、関西グリコ株式会社様より、園児たちに「ビスコ」と「子ども用マスク」を

寄贈頂きました。

日頃から、食べ親しんでいるビスコと、マスクをもらって大喜びでした。

これからも健康で元気に過ごします。

ありがとうございました。

 

 

 

メニュー