「みんな、大好き!鳥羽大東公園」 ~みどり保育園の園外保育~

子どもたちにとっての大好きな場所…。

それは、『公園』です。

 

お天気のいい日には、お散歩がてら

近隣の公園へ遊びに出掛けて園外保育を行います。

園庭では味わえない遊びが出来て、みんな楽しそうです。

 

 

さて今回、ご紹介したい公園は…

みどり保育園から西へ徒歩6分

新幹線沿いにある「鳥羽大東公園」です。

 

こちらの公園の注目は、なんといっても、『総合遊具』。

総合遊具とは、色々な遊具が一つにまとまったものです。

数年前にリニューアルしました。

 

この総合遊具の特徴は…

〇 乳児が滑れる小さいすべり台。

〇 トンネルがあるすべり台。

〇 波のように、うねりがあるすべり台。

と、三種類のすべり台があり、

年齢層の幅広く、遊べるようになっています。

 

子どもたちも、『鳥羽大東公園』と言わず、

「トンネルのある公園に行く‼」

と言うほどです。

 

子どもたちは滑り台で楽しんでいるけど、

特にトンネルのすべり台は、冬場だと静電気がたまりやすいです。

安全に滑り終えるため、

すべり台の下で、保育士が受け止めるのですが…

子どもたちをキャッチするときに、静電気が

『バチッバチッ!!』

と走ります。

先生たちは「ウワァ~!!」と叫びながら、頑張っていますが、

子どもたちには、静電気は感じないようで、

「もう1回~♪」

と平気な顔して、階段を登って

再び滑り降りてきます。

他にも、ボルタリングの壁や登り棒もあり、

「せんせ~、みて~」

とはしごを高い所まですいすいと登って

アスレチック感、満載です。

 

 

総合遊具の反対側には広いグランドもあり、

「よ~い、どん!」

「1ば~ん!」

「え~、もう一回したい~」

と、体を動かすことも大好きです。

 

 

公園の整備も近隣の方がしてくださり、とてもきれいです。

花壇にも季節の花を植えてくれています。

いつもどんな花が咲いているのか楽しみです。

メニュー