朝の風景

20151125_nursig-2f_01
こんにちは。2階病棟です。今回は私達の朝の風景をご紹介します。
10月から我がみどり病院でも、電子カルテが導入されました。
まだ不慣れなところも多く、テンヤワンヤな状態ですが、私達看護師は朝出勤してくると、その日の受け持ち患者さんがどうだったのかな?と電子カルテを開きます。
そして、きょうの看護ケアは何があるのか、点滴はどうなっているのか、検査はあったかな・・・等々患者様の状態とスケジュールを確認しています。
日勤は8:30スタートですが、実際はスタッフが出勤してくる8:00頃からパソコンの画面を通して、患者様とつながっているわけですね。
ひとりの看護師が担当する患者様は複数いらっしゃいますので、時間差は発生しますが9:00頃から患者様のベッドサイドに伺えるよう努力しています。
「おはようございます。担当の○○○です。変わりなかったですか?」
「昨日はよく眠れなくて・・・」
等の会話から始まります。
体温や血圧などの検温をしながら、時には患者様と冗談か本気か分からない(冗談であって欲しい)掛け合い?を楽しみながら、おひとりずつの様子を伺います。

看護師だけではありません。看護助手さんも患者様とつながっています。看護助手さんは縁の下の力持ちです。ベッドのお掃除に伺ったり、入浴をお手伝いしたり、シーツを変えたり、検査にお連れしたり・・・クルクルとこまねずみのように働いています。患者様の清潔が保たれているのは、看護助手さんたちのお陰なのです。
もしかしたらそんな時間を使って、看護助手さんの方がたくさんお話する時間があるのかもしれません。
ですから看護師の知らないことを看護助手さんが知っていることも沢山あります。(ちょっとクヤシイ)
こうして一日の半分はあっという間に過ぎていくのです。

あちこち動き回っている担当の看護師が見つからなくても大丈夫です。何か体調のことやご希望・質問などありましたら、他の看護師でも看護助手でもお気軽に声を掛けてください。
私たちも手を広げてつながっています。

「安心してください。つながってますよ。」

それでは私たちもお昼ごはんに行ってきまぁす。

20151125_nursig-2f_02

メニュー