今年もよろしくお願いします

20160120_nursing-2f_01
新年明けましておめでとうございます。

昨年の干支は「未(ひつじ)」でした。
「未」の年は果実に味が生じ始めた状態の意味があるそうです。
そして、今年の干支は「申(さる)」ですね。
「申」の年は草木が伸びきり、果実が成熟して堅くなっていく状態の意味があるそうです。

昨年はみどり病院にとって、改革の年でもありました。
電子カルテの導入・このホームページの更新、看護部は看護方式の見直しやユニフォームも新しくいたしました。
何かを変える、ということは本当に大変な作業であることを実感いたしましたが、我が2階病棟も、スタッフ同士タッグを組んで、ひとつひとつ乗り越えてきました。
枝葉を伸ばし、果実ができ始めた年でもありました。
今年は、でき始めた果実が堅く結び、実りの多い年になっていくことを願っています。

さて、昨年から始めたブログも4回目になりました。
以前から訪問いただいている方、本日初めて訪れた方、いろいろな方がいらっしゃることと思います。
新年改めてもう一度、2階病棟の合言葉をお伝えします。
2階病棟の合言葉は「手をつなごう」です。
童謡に「手をつなごう」いう歌があるのをご存知ですか?
昔(?)歌った方も多いのではないでしょうか。

手をつなごう
みんなで 手をつなごう
ほらほら 大きなお鍋ができました
・・・・・・・・・

手をつなごう
みんなで 手をつなごう
ほらほら 大きなお池ができました
・・・・・・・・・

手をつなごう
みんなで 手をつなごう
ほらほら 大きなお花ができました
・・・・・・・・・

ひとりでは小さな力が、みんなで手をつなぐと大きな力になる、そんなイメージです。
今年も皆さまと、よりいっそう、しっかりと手をつないでいきたいと思います。

申年にまつわる余談です。
「申年に申年生まれの人に赤いパンツを買ってもらうと、将来寝たきりにならずに済む」という言い伝えがあるそうです。
今年は赤いパンツが再ブレイクするかもしれませんね。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

メニュー