入職して約1年~2階病棟新人看護師のふり返り~

新人看護師たちが入職してもうすぐ1年が経ちます。
新人看護師たちは先輩看護師に支えられながら、日々頑張っています。
そこで、この1年のふり返りと、今後の目標を聞いてみました。

<R・N看護師>

4月に入職し看護師になって一年が経とうとしています。
入職したての頃は、分からない事ばかりで先輩方に指導していただき、業務を覚えるのが大変でした。
徐々に、できる業務も増えてきました。
しかし、まだまだ不十分で落ち込む時もありますが、先輩方のフォローがあり少しずつ成長できました。
1年間を振り返ると、大変なことや自分の看護が本当に合っているのかと考えることが多かったですが、同じくらい嬉しいことや看護師になってよかったなと感じています。
今後は疾患や病態の理解を深めていきたいと思います。
そして患者さんにとってより良い看護を考えながらケアできるように頑張ります。

<D・G看護師>

入職して1年が経ち、振り返って感じることは看護学生のころに学んできた看護業務から、さらに専門的な看護処置・技術を経験し学んできました。
まだまだ処置や業務が稚拙でうまく出来ないことも多いですが、積極的に経験していく機会を増やし、少しでも早く上達できるように努力していきたいと思います。
また看護師を含めた様々な医療従事者と連携をとり、患者さんを入院から退院まで支援していることを感じました。
患者さんの社会的背景や患者さんがどんな医療・看護の方向を辿っていくのか、まだ予測や理解が十分ではないこともありますが、看護の視点から少しずつカルテ等の情報から理解していく能力をつけたいです。
今後の目標として、今まで学んできたことに説明ができるように意味や目的をもって責任ある看護を実施できるように取り組みたいです。
また看護の知識・技術を深め、より重症度の高い患者さんを診ていけるように励んでいきたいと思います。

<D・K看護師>

4月に看護師として入職し、配属になる病棟が発表されました。
循環器の病棟ということで、心臓カテーテル検査や、心臓外科の手術が行われています。
私はそのような人たちの看護ができるかと、とても不安になりました。
しかし、プリセプター制度での先輩看護師からの手厚い指導や、フォローアップ研修があることでその都度不安が解消され、日々楽しく学びながら看護をすることができています。
少しずつですが、1人で自信をもってできることが増えてきました。
1年経つと、後輩も入ってくると思うので、先輩看護師から教わったことや、自分なりに学んだことを伝えていけたらいいと思います。

新人看護師たちはこの1年、学び、悩み、不安な時もあったと思いますがプリセプターをはじめ、先輩看護師に支えられながら毎日頑張っています。
これから新年度になり新入職者が入ってくると先輩として指導する立場になっていきます。
先輩になるという不安もあると思いますが、病棟スタッフで支えながらこれからの成長と活躍を期待しています。

メニュー