就職説明会に向けて~看護部3階病棟より~

みなさん、ご存知でしょうか?
5月31日(水)に、当院では全職種を対象とした就職説明会を開催いたします。
当日は、私たち3階病棟も、見学ツアーや部署紹介を通じて、参加者のみなさんにみどり病院の魅力をお伝えしたいと思います。
今日は、その予告編として、3階病棟での仕事内容と職場の雰囲気を簡単にご紹介いたしますので、
興味をもっていただいた方は、学生さんも既卒の方も是非お気軽にご参加下さい。
お子様連れのご参加歓迎です!

看護部3階病棟の部署紹介ページはこちら

どんな職場? どんなお仕事?

 私たち3階病棟は、消化器内科・外科、整形外科をメインとした病棟です。また、地域包括ケア病床と言って、急性期の治療を終え、患者様が安心して在宅や施設等へ退院できるよう、看護師、医師、理学療法士、ケースワーカーといったコメディカルスタッフが協力して退院を支援する病床を備えています。
 消化器内科では、内視鏡下での新しい治療を日々取り入れており、消化器外科では、主に胆のう摘出術、胃がん切除術、大腸がん切除術、人工肛門造設術を行っています。整形外科では、大腿骨頸部骨折の患者様が多く入院されています。私たちは、そのような患者様の急性期の状態から、慢性期、回復期の看護を行っています。また、退院後も病気や障害を抱えながらも安心して療養できるよう、患者様の希望される退院先の調整を、患者様、ご家族様と倫(とも)に考え支援しています。私たちは、そのような経過を倫に歩むことで、日々、患者様から学ぶことが多く、良い経験ができていると感じています。
 今年のみどり病院のテーマは、「学ぶ」です。私たち3階病棟においても、「新しい扉へ 笑顔で思いをつなげよう」をモットーに、常に向上心を持って、新しい知識や技術を学び、実践していきたいと考えています。そして、私たちは、常に患者様やご家族様の意思に寄り添い、ときには代弁者となって、患者様が治療に専念し、笑顔で退院出来るようコメディカルスタッフと協力して支援を行っていきます。

参加者の方へ一言

3階病棟は、地域包括ケア病床を備えた病棟です。患者様の入院から退院までの経過や看護、退院支援について学ぶことができると病棟だと思います。
 スタッフは、ママさんナースが多く、子育てと両立しながらも夜勤をしているスタッフもいます。正看護師の資格を取るために、学校に通いながら、日々頑張っている准看護師の学生スタッフもいます。今回の就職説明会はお子様連れの方も大歓迎です。少しでも、迷っておられるのであれば、是非参加して、当院の雰囲気を感じて頂きたいです。
 みなさまにお会いできることをスタッフ一同楽しみにしています。

 

みどり病院就職説明会

メニュー