新入職者の声

看護部

今回の看護部の記事ではこの春から一緒に働いている新入職者の皆さんのフレッシュな声をお届けしたいと思います。
みどり病院では新入職者のオリエンテーションを部署や職種関係なく一緒に行っており、法人の概要から始まり、接遇・マナー、医療安全、院内感染など医療従事者としてまた社会人として最低限知っておくべき内容の研修をします。
そして自分の所属以外の部署の研修も行い、病院全体の動きや各部署の関わりを知って頂きます。
そうした入職オリエンテーションを終えた新人の方々から感想をもらっていますので、一部紹介したいと思います。

~看護部 新卒病棟看護師~

今回2週間にわたる長期のオリエンテーションを実施していただいて当院が取り組んでいる医療体制や他職種との連携、協力していく姿勢を知ることができました。
学生時代よりも高い責任を求められるため、つらいこともあると思いますが、日々努力をして看護師としての力を身につけていきたいと思います。

~リハビリテーション科 新卒理学療法士~

今回のオリエンテーションでの講義の内容で、学校や実習では学べない他職種の業務内容について見学や講義を受ける機会が多かったです。
今まで学んだことのない分野であるため、当初は自分には必要なのだろうかと考えていましたが、話を聞くにつれてどの内容もリハビリを行う際のリスク管理や、効率の向上に必要な知識でした。
学生時代であれば理学療法の実習を行うだけでしたが、今はみどり病院の職員として働かせていただくため、幅広い知識を持って仕事と向き合えるよう努力したいです。

~透析室 新卒臨床工学技士~

自分が働く部署のみのオリエンテーションしか行われない病院がある中、みどり病院では病院内全ての部署や業務について学ばせて頂きました。
本格的に自部署の業務が始まってしまうと他部署の業務の事を詳しく知る機会も少なくなってしまうので、当院で働く以上、他の部署ではどのようなことを行っているのか知る必要があると思っていたのでよかったです。
それに2週間という長いオリエンテーションを終えて同期のみんなと打ち解けることができました。
これから働いていくうちにわからない事が出てくると思いますが、医療従事者として不明点はそのままにぜずに解決していき、立派な臨床工学技士を目指していきたいと改めて思いました。

~放射線科 放射線技師~

今回オリエンテーションを終えて他部署がどのような仕事をして、どのような苦労、どのような問題を抱えているかなど教えていただきました。
自分の職種だけに関心を持つだけでなく他の部署がなにをしているか、放射線科とどのように関わっているのかを理解する事が大切だと感じました。
オリエンテーションで学んだことを理解すること、疑問を感じる大切さや自分は組織としてどのような事ができるのかを考えていき、最大限活用できるようにしていきたいと思います。

以上、新入職者の声を一部ですが紹介いたしました。
皆さんの向上心や医療に携わることの責任感を強く感じ、私も背筋が伸びる思いです。
今後は新入職員に関わらずみどり病院のスタッフの声をお届けしたいと思いますので、ご期待ください。

メニュー