今年も歓迎会開催!

看護部

平成最後の入職者を迎え今年も新人歓迎会を行いました。
当院は、中途の入職者が多く年度初めの4月と後期の10月の年2回、新人歓迎会を行っています。

今年は、昨年度の入職者が司会進行を行い、院長からの歓迎の挨拶、そして岡田センター長の乾杯挨拶から始まりました。
和気藹々の中、毎回恒例、各部署の先輩たちが新入職の人を紹介します。
その後に新入職者に一言発言してもらっています。
入職して日も浅いのですが、自己紹介の中で部署に溶け込んでいるのを感じました。
日々緊張だとは思いますが、少しずつ業務に慣れてもらい笑顔で患者さんに接して欲しいと思っています。

私の好きなことわざ「笑う門には福来る」。
笑うことは、心と身体に最高の健康法とも言われており、笑うことでパワーをもらい元気になり、また笑顔は人の心と肌にハリとツヤをもたらします。

入職オリエンテーションで私は新入職の人に「笑顔は無料のサービス」「笑顔は患者さんの唯一癒し」と伝えています。
私たちが辛そうな顔をしていれば、患者さんも辛い気持ちになってしまいます。
ストレスがたまっている時こそ出来るだけ笑顔を意識してはいかがでしょうか?

また、身近な人との円満な人間関係があってこそ心から気持ちよく笑えます。
職場の仲間と笑い合える環境を誰もが望んでいます。
上司からや先輩から注意・指摘を受けることもあるでしょう。
昨年の入職者から「落ち込んでいる時の上司の優しい言葉かけですごく救われました。」「気にかけてもらえて励みになりました。」と前向きな発言がありました。

成長したことが技術面は特に先輩達にも分かります。
精神面でいうと色々な事象があると思いますが、その時々に相談して欲しいと思っています。
めげないでほしい、へこたれない人になるためにも「笑み」で物事を乗り越えてほしいです。
仕事に慣れていけば頼られる存在になっていきます。
精神的にも徐々に強くなっていきます。

まずは、仲間と一緒に共に歩んでいきましょう。
歓迎会はそんな思いで開催しています。

メニュー