透析日誌(透析室の一日の業務)

「おはようございます。」「おはよう!」
透析室の朝は早いのです。
というのも、8:30には患者さんが入室し透析を始めていくからです。
新人技士が出勤し中心となってプライミングを始めます。

「昨日な~○○でな・・・」「へえ~そうなん」たわいもない会話から一日が始まります。
今日はどんな一日(物語)が待っているのでしょう。
事故なく無事に患者さんにお帰り頂く事を祈って皆、朝のプライミングを行っています。
朝の朝礼では、前回の透析から変わった指示はないか、本日の患者さんの検査予定や病院内で統一する事項の申し送りがされ「今日も一日よろしくお願いします」で〆られます。

8:30 「おはようございます。どうぞ皆様お入り下さい。」の掛け声で患者さんは皆、一斉に体重測定に向かい、測定が終わると穿刺が始まります。
「おかげんいかがですか?」
「今日は(体重が)良く増えていますけど、何かありましたか?」「今日はあまり増えてないけど食べられなかったの?」等と患者さんとの会話の中から小さな情報を得ながら、4時間の透析開始です。透析を行うためには、普通の注射の時よりも太い針を2本刺さなければなりません。
患者さんにとってもスタッフにとっても最も緊張する瞬間です。
穿刺が終わって、本日の除水目標を設定し、その後スタッフはその日受け持つ患者さんの受け持ち業務の始まりです。
ある場所では和やかに患者さんと話が弾んでいます。
かと思えば、体重コントロールに失敗したのでしょうか?指導に熱が入っています。
皆それぞれが、自分の担当エリアの患者さんの詳しい情報収集に努めています。
その日の体調、体重増加、その他細かい事や患者さんの声を逃さないように、その日のプランを決めていきます。
患者さんとのやり取りも重要ですが、スタッフ同士のディスカッションも大事です。
先輩が後輩を指導しつつ、大事な家族を守るがごとく皆真剣に、どうすれば血圧が下がらずしんどい思いをしない透析が出来るか、どれだけより多くの水が引けるかのプランを立てるのに取り組んでいます。
透析が開始され、患者さんの非透析日の生活や体調の変化等の情報収集を行い、バイタルサインが安定したのを確認してまわります。

10:00 スタッフカンファレンスです。
ここでは、その日の受け持ちNsや技士がそれぞれの患者さんの情報を伝え、皆が一斉に情報を収集・共有しディスカッションを行います。
「この方は血圧に気をつけて水を多めに引いてください。」「昨日から熱が出ているようです」「昨日転倒して○○が痛いようです」等、どの方法が一番最適なのか、いかに先生の指示通りに透析治療を遂行できるかを考えていきます。
カンファレンスが終われば後は回収を待つのみです。
しかし、ただ待っている訳ではありません。
透析終了1時間前が患者さんにとって一番しんどい体調の変化をきたしやすい時間に突入します。
なぜなら、除水をし、DW(ドライウェイト)に近づくにつれ、血圧が下がりやすく気分が悪くなりやすくなるためです。
また、4時間という時間は、退屈でありじっと動けずにいることはとても苦痛であると思います。
それらの苦痛を少しでも起こさせないように私たち受け持ちが患者さんの表情を見て少しの変化に目を光らせています。
そして、患者さんは、回収30分前の音楽(当院では“エリーゼのために”が流れます)の合図を心待ちにしています。
~♪チャンチャチャ~ン♪(当院では、それぞれの機械から機械ごとに違ったクラシックの曲が流れます)
30分後の2度目の合図で透析終了です。
患者さんはこの音楽でホッとします。
「お疲れ様でした。終わっていきますね。」「待ってました。」「あ~やっとやわ。嬉しいわ」と言う事が返ってきます。
スタッフサイドも、今日も安全無事に終了したことにホッとしながらも、気を配りながら返血操作を行っていきます。
返血終了後、止血確認を済ませ本日の透析が終了となります。
「お疲れ様でした。気をつけてね。水分控えてきてね。」と患者さんを送り出した後、月・水・金は2クール目の患者さんを受け入れる準備をし、朝と同じ流れで開始します。
スタッフは患者さんを無事透析室より送り出してホッとする間もなく、その一連の業務が終了した後は、カルテ整理・機械の清掃・ベッドメイキング・次回透析の準備etc。
全ての業務を終えて、「今日も無事終わったね。お疲れ様でした。明日も頑張ろうね」と帰っていくのです。
以上が透析室の大まかな流れです。

透析室のスタッフは透析業務以外にも、フットケア外来・腹水濾過濃縮再静注法・カテーテル検査・病棟や外来の機器管理等も行っています。
外来や他の部署で「あれ?あんたこんな所でも仕事してんの?」と度々声を掛けられます。
救急等の応援要請があれば、応援にも駆けつけます。
私たちは一日一日を大切にし、今日も無事業務が終了したことに感謝し、業務を終えていきます。

透析室ではこのように一日が流れていくのです。

メニュー