子育ては手抜きが肝心!~職場復帰を果たして~

看護部/外来

近年、仕事と子育てを両立するママが増えてきています。
今、育休中でこれから職場復帰を控えている方の中には、不安に押しつぶされそうになっている方も多いのではないでしょうか?
私もそんな悩めるママの1人でした。
昨年5月に双子を出産し、一気に3児の母に・・・。
現在、小学1年生の息子と1歳4ヶ月の娘&息子がいます。
約1年3ヶ月の産休育休期間を経て、産休前と同様、外来の常勤看護師として職場復帰を果たしました。

専業主婦向きではなかった私が「もっと子供と一緒にいたい。」、「専業主婦もありだな。」と“専業主婦志望”に心変わりするほど、どっぷり育児にハマりこんだ1年間でした。

復帰の1ヶ月前からはカウントダウンが始まり、復帰の日が近づくにつれ、「仕事と育児の両立ができるか・・・」という不安や、「復帰後は早く業務に慣れないといけない」という焦りで、とても複雑な心境でした。
そんな中、私が一番懸念していたのは、“朝の支度”でした。
朝の支度をスムーズに進めて、子供たちを送り出し、自分自身が遅刻をせずに出勤できるのか?が一番の不安でした。
そこで、職場復帰する3日前からリハーサルをしたのです。
しかし・・・
リハーサル初日から失敗!
私の身支度が終わらないうちに子供たちが起きて泣き出したり・・・。
なかなか朝ごはんを食べてくれなかったり・・・。
出発直前に排便をしたり・・・。
どれも“出勤前のあるある”ですよね。
結局、3日間のリハーサルもうまくいかないまま、職場復帰の当日を迎えることになったのですが、何とか今日まで遅刻ゼロです!!(←当然のことですが・・・)
職場復帰を果たして4ヶ月経った今でも、朝から子供との格闘の日々で、毎日がまさに戦争です!
毎朝職場に着くと、もう一日の仕事を終えた後のように疲れています。(笑)
 
慌ただしく保育園に送り出される双子たちは、慣らし保育の時にはもちろん大泣きでした。
毎朝預ける時は、後ろ髪を引かれる思いで仕事へ向かっていましたが、今ではすっかり保育園にも慣れて、朝のお別れも笑顔でバイバイしてくれています。
そして、お迎えに行った時は、2人ともとびっきりの笑顔で近寄ってきます。
子供の順応性は本当にすごいですよね!
子供と一緒に過ごす時間は短くなりましたが、普段離れているからこそ、一緒にいる時間はより大切なものに感じられ、濃密に過ごすようになりました。

復帰当初は、すっかり育児モードになってしまった身体と頭を仕事モードに切り替えるのが大変でした。
そして、仕事と育児の両立に責任感を発揮しすぎて、手の抜きどころが分からず、睡眠時間が2~3時間ってことも・・・。
せっかくの週末の休みには、自分自身が体調を崩すようになり・・・。
「これではいかん!!」と意を決し、家事の手を抜くようにしたのです。
今では部屋が散らかろうが限界まで見て見ぬふりです。(笑)
これからもどんどん手抜きをするために、ルンバが欲しいです。
“子育ては手抜きが肝心”ですね!
“しんどいと思った時が手抜きの時”。
すべてを完璧に両立することは、とても難しいことです。
「完璧にやらなくても大丈夫!!」と考えを変えた途端、仕事への焦りもなくなり、少し気持ちに余裕が出てきました。
仕事中は子育てのことを忘れ、母ではなく1人の看護師として充実した毎日を送っています。
案外、何とかなるものですね!

仕事をしながら子育てをしていると色々な壁にぶち当たります。
そして、子供が小さいうちは大変なことが多く、くじけそうになることも多いと思います。
でも、いつか楽になる日が必ずやってくると思うので、その日までうまく乗り切ろうと思います!
現在、子育て奮闘中のママさん、私のようにうまく手抜きをしながら、一緒に働いてみませんか?

メニュー