仕事と育児を両立しています!

看護部/外来

今回こちらで二児の母であり、みどり病院外来パート看護師である私が入職に至るまでの経緯と働いてみて感じた事をお伝えしようと思います。

私がみどり病院に入職した時は長男がちょうど1歳になるタイミングでした。
実は生後9ヶ月の時に産休前に働いていた職場に復帰したのですが、小さい子供を持つ自分の希望する勤務条件とは違っていました。
当時の上司に相談したところ、別の勤務先を探してみてはどうかと提案してもらい、転職サイトに登録して転職活動を始めました。
候補として提案されたいくつかの病院を見学し面接を受けましたが、親類縁者が近くにおらず、子供が病気になった場合は休ませてもらいたい旨を説明すると、他のスタッフとの兼ね合いがあるから難しいと断られたりしました。
なかなか条件が合う職場が見つからず悩んでいると、「病院に直接連絡してみたらどう?例えば、みどり病院も看護師募集してたよ。」とアドバイスをもらいました。
早速、みどり病院のホームページから入職希望のメールを送ると、次の日に早くも看護部長から直接電話で連絡をいただき、感激した覚えがあります。

その後、みどり病院に面接に来てみると、看護師の平均年齢は 40代であり、その多くが子育て世代であるため、同じ状況で助け合いながら働いていることを聞き、緊張して張り詰めていた気持ちが解れ、安心して入職することができました。
実際、突然子供が入院することになり、まとまった休みが必要になった時も、快く受け入れて下さり、子供の看病に集中させてくださり、子供が退院した後も通常通り仕事復帰することができました。
自己都合で休んでしまい、申し訳ない気持ちで出勤すると、周りに「大丈夫だった?」「大変だったね」などと温かい言葉をかけてもらい、今まで働いてきた職場ではなかった事で温かい気持ちになりました。
更に看護部長にまで「大変だったね」と声をかけてもらい感動しました。

また外来看護師でありながらも今まで関わったことがなかった手術介助にも挑戦させて頂いています。
当初はとても緊張し、夜もあまり眠れなかったりしましたが、優しい先輩方が未経験である私に一つ一つ丁寧に教えてくださり、今は責任ある仕事をさせてもらう事に喜びを見出し、仕事に対しやりがいを感じモチベーションを維持しながら働けています。
育児専念期から教育期である私ですが、周囲の協力やサポートのもと、好きな仕事と家庭を両立させてもらっています。

みどり病院には看護師としての先輩はもとより、母親として経験を積まれた方が沢山在職されており、困った時は職場の先輩、人生の先輩方に相談し助けてもらったり、ヒントをもらったりしながら働くことができます。
母親としての子供の自分が躾や教育で悩むとき、職場という別の居場所があるからこそ自分を母として客観視できるきっかけをもらえます。

甘えん坊の長男は4歳になっても保育園に送り出す時に泣いてしまうことがあります。
後ろ髪を引かれながら仕事へ向かうのですが、夕方に迎えに行くと、楽しそうに大きい声でその日保育園であった事を報告してくれます。
1歳の次男は、私が帰宅するとヨチヨチ安定しない足取りで歩いて抱きついてきてくれ、1日の疲れも吹き飛び、私の中の母親スイッチが入ります。

以上がみどり病院に入職して3年(産休育休1年含む)看護師として母としての私の日常です。
私と同じような仕事と育児を両立できる職場を探している方、ぜひぜひ一緒に働きましょう!

メニュー