ブランクがあっても大丈夫

看護部/外来

ブランクがあっても大丈夫!!
~みどり病院復職支援PART2~

前回は私がみどり病院へ入職に至るまでの経緯をご紹介しましたが、今回は実際に私がNSとして復帰してみて感じたことをお伝えしようと思います。
入職後はまず4日間のオリエンテーションがありました。
日程は以下の通りです。
1日目…書類説明、倫生会グループ(老健みどりの丘・グループホーム希の丘)見学
2日目…透析室見学、接遇・マナー・ストレスについて・委員会についての講義
3日目…胃カメラ見学・リハビリ室見学
4日目…訪問看護見学(みどり訪問看護ステーション)
一通りオリエンテーションが終わり、5日目より外来へ配属されました。
最初はすごく不安で毎日緊張していたのですが、私のブランクが長いことも把握してもらえて全く何も分からない私に一から優しく指導して下さり、そんな不安もすぐに吹き飛びました。
外来業務には様々なものがあるのですが、その一つ一つに研修期間を設けてしっかりと指導をして下さいました。また院内の研修として新人対象のフォローアップ研修もあり、他部署の新人と交流出来る機会もありました。
最初は患者さんの元に話に行くことですら緊張していた私ですが、今では自然に接することが出来るようになりました。最近では患者さんの名前を見るだけで顔が浮かぶ方も増えてきてうれしく思っています。
手技についてもまずは見学、その後指導のもと実施、見守りで実施と段階を踏んでやらせてもらえるので自分のペースで習得することができたと思います。
外来で働き始めて一番感じたのは和気あいあいとした先輩方の優しさです。
私が困っている姿を見ると「大丈夫?」と声を掛けて下さったり、ミスをして落ち込んでいる時には親身に話を聞いて次回へつながるアドバイスをしてくれます。
また分からないことがあると誰に聞いても優しく教えてくれますし、誰にでも聞ける環境があるというのは素晴らしいと思います。
まだまだ学ぶことが多く先輩方に頼ることも多いのですが、少しでも早く業務を覚え戦力になれるようになりたいと思います。
またこれからも知識や技術の向上に努めていきたいです。
入職にあたっては次男が保育園でうまくやっていけるかも心配でした。私が働きに出ることで次男も保育園に行くことになったので、少し申し訳ない気持ちもありました。
保育園での初日、別れる時に大泣きしていたのですごく心配だったのですが、迎えに行くと笑顔で遊んでいる姿がありました。保育園の先生に聞くと、お母さんが行った後わりと早く気持ちを切り替えて泣き止んでいましたよと。子供のたくましさを実感しました。
今では保育園で朝別れるときに笑顔でバイバイしてくれる時もありますし、泣き崩れる時もありますが(すぐにスイッチを切り替えて立ち直るようなので、母への寂しさアピールみたいです)、迎えに行った時は私の姿を見つけると「ママきたー」と走って来てくれるのですごく癒されます。
今後の息子の成長も楽しみです。

以上が私がみどり病院へ入職し現在に至るまで感じたことです。
復職したいけどブランクがあるので不安だなと思われている方、大丈夫です!
みどり病院では復職後のサポートがしっかりしているので安心できます。
ぜひ一緒に働きましょう。

メニュー