広報誌・著書のご紹介

広報誌「みどりの風」

みどり病院では、年に3回、広報誌「みどりの風」を発行しております。
みどり病院の最新情報を皆さまにお届けしておりますので、是非ご覧ください。

みどり病院関連の出版物

2012年度

【著作】
●室生卓、「頸動脈の触診、頸動脈の視診-総合的な判断が重要」、”Medical Tribune circulation today” 2013年2月28日号、ct-5頁
●室生卓、「身体所見を取るコツ、手の触診-プロは身体所見で異常を察知する」、”Medical Tribune circulation today” 2013年1月31日号、ct-5頁
●室生卓、「僧帽弁狭窄症」、『今日の循環器疾患治療指針 第3版』、井上博ほか編集、医学書院、470頁-474頁、2013.1
●室生卓、「触診でどこまでわかるか」、『循環器専門医に必要な検査必須知識-正しい診断を導くために-』、福田信夫編集、18頁-24頁、メジカルビュー社、2013.1
●室生卓、『General Physician 循環器診察力腕試し-達人の極意、マスター!』、金芳堂、2012.9
●室生卓、「弁膜症スクリーニングに重要な聴診ポイント」、”Medical Tribune circulation today” 2012年4月26日号、82頁
【学会発表】
●室生卓、「目と耳で判る循環器疾患~循環器フィジカルの達人」、ワークショップ、第8回若手医師のための家庭医療学冬期セミナー(2013.3.3)
●室生卓、「心音プラクティス~今、見直そう心音の臨床~」、ランチョンセミナー、第32回日本画像医学会(2013.2.23)

2013年度

【著作】
●室生卓、「心雑音-収縮期雑音、往復雑音、連続性雑音 ポイントを知れば聞き取りづらい心雑音も聴取可能」、”Medical Tribune circulation today” 2013年7月25日号、ct-5頁
●室生卓、「心雑音-収縮期雑音 重大な疾患に進展する変化を捉える」、”Medical Tribune circulation today” 2013年6月27日号、ct-9頁
●室生卓、「聴診」、『月刊循環器』 Vol.3 No.6 2013年6月号、14-25頁
●室生卓、「聴診-III音、IV音-聴診所見を追うことで病態の変化を知る」、”Medical Tribune circulation today” 2013年5月23日号、ct-5頁
●室生卓、「胸部の触診-所見がなくても否定できないが、あれば重要な意味」、”Medical Tribune circulation today” 2013年3月28日号、ct-5頁
●室生卓、「聴診の基本」、『心エコー』第14巻第4号、308-315頁、2013
【学会発表】
●高橋慶、「左室緻密化障害と思われた一例」、神戸臨床心エコー図研究会にて口演、2013.5
●岡田行功、「高齢者(平均年齢77歳)僧帽弁逆流に対する僧帽弁形成術」、Mitral Conclave2013、米国胸部外科学会(New York、2013.5)
●岡田行功、「僧帽弁逆流に対する弁形成術時における三尖弁逆流に対する三尖弁輪形成術」、Mitral Conclave2013、米国胸部外科学会(New York、2013.5)

2014年度
【著作】
●室生卓「高齢者弁膜症を見逃さない!physical examinationのとり方」、『Heart View』Vol.18 No.9 2014年9月号、8-14頁、メジカルビュー社
●室生卓、「基本に戻り聴診を」、『循環plus』Vol.14 No.6 2014年4月号、10-12頁

2015年度

【新聞】
●「神戸新聞」 2015年4月13日朝刊

メニュー