放射線科より「もっと身近な心臓CT」

放射線科

20151028_radiology_01

病院で心臓(冠動脈)の検査を受けるとなると、どなたでも「痛くないかな」「どんなことされるのかな」と、とても不安に感じられるのではないかと思います。

このような検査に対する不安感を少しでも軽減していただき、より身近な検査として心臓(冠動脈)CT検査を感じていただけるように、検査を受けられる皆さまへ心臓(冠動脈)CT検査に関する情報をお届けします 

私たちみどり病院では診療放射線技師5名が外来・入院患者様の検査を担当しています。 放射線は現在の医療現場には欠くことのできない存在となっています。その放射線を医療の現場で扱うのが診療放射線技師です。放射線を用いた検査や治療を主に担当しています。放射線と聞くと怖いイメージを持つ方が多いと思いますが、私たちは放射線をうまく使って安全に検査を行っています。

当院では最新式の80列マルチスライスCT(Aquilion PRIME)を2014年3月より導入しており、虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)の早期発見のために、心臓(冠動脈)CT検査を積極的に行っております。

これまでは虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)は入院をして、カテーテル検査をしない限り診断することが出来ませんでしたが、心臓(冠動脈)CT検査により外来で安全に、虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)の原因となる冠動脈狭窄の評価をすることができるようになりました。心臓(冠動脈)CT検査は入院を必要とせず検査時間も20分程度で終わる検査であり、全国的にも年々検査数は増えてきおり、皆様に身近に感じていただける検査となっています。

当院では80列マルチスライスCT導入後、心臓(冠動脈)CT検査を450件行い、自覚症状のない方でも病気を見つけることができるようになっています。また、心臓(冠動脈)CT検査は院内の患者さんのみならず、神戸市西区・明石市の近隣の医療機関様からの検査依頼も積極的に受け付けています。

“最近、時々胸が重苦しいけど、病院へいくのはちょっと…”と病院へ行くことを億劫に考えられている方、かかりつけ病院で診察を受けて、『心臓(冠動脈)の検査をしましょう』とお医者さんに言われたことのある方、
みどり病院スタッフ一同、病気のことや検査のことをわかりやすくご説明しますので、気になる症状がある方はお気軽に当院外来を受診してください。

みどり病院 放射線科

メニュー