忘年会幹事のお仕事

事務局

20170102_secretariat_01

皆さまこんにちは。
事務局からはみどり病院の広報活動のご報告をさせて頂いておりますが、今回は番外編として毎年12月に行われる忘年会の幹事のお仕事についてお話したいと思います。
みどり病院の忘年会の幹事は持ち回り制になっており、各フロアー毎に5チームに分けてローテーションします。
今回は4階フロアーの当番で医局、医局秘書、看護部長、栄養課、リハビリテーション科、地域連携室、総務課、そして事務局となっております。
毎年来賓の方々を含めて総勢230名ほどの参加者があります。
数年前までは100人そこそこでしたが、4年前に介護老人保健施設みどりの丘、昨年7月にはグループホーム希の丘が開設したこともあり、かなりの大所帯になり、参加集約や会場を確保するのも一苦労です。

準備としては、会場を予約するところから始まります。
会場は数年前から垂水区のシーサイドホテル舞子ビラさんにお世話になっております。
そして2ヶ月前くらいから来賓の方への招待状の発送から始まり、職員の出欠、当日のプログラム作成、景品と決めることは盛りだくさんです。
特に私たちが気合いを入れて準備するものとして余興があります。
幹事によるオープニングの出し物、今年入職した新人による出し物、みどりの丘や希の丘などの各施設による趣向を凝らした施設紹介など毎年食事をする暇もない!?ほど盛り沢山な内容です。
例年みどり病院の忘年会の出し物のレベルが高いと院内外から評判であるため毎年幹事には多大なプレッシャーがおそいます。
今年は我々4階メンバーによるradio fishの「perfect human」をオープニングに披露しました。
また、新入職員からはあの「PPAP」なども披露し大いに盛り上がりました。
手前味噌にはなりますが、余興とはいえいざという時に医師、看護師、技師、事務と職種の垣根を越えて力を合わせるところにみどり病院の強みがあるように思います。
またみどり病院の宴会には欠かすことができない名物バンド「MKB」の演奏もあります。
MKBとは、みどり軽音楽部の略称で院長の室生先生を中心に職員の有志で結成されたバンドです。
「新入職員歓迎会」や患者様や近隣の方々に向けた「院内コンサート」などで演奏を披露しています。
忘年会の時には特別ゲストとして参加される先生方も多数おられ、最終曲の「YMCA」では大団円となりました。
そして演奏の興奮さめやらぬ中、毎年豪華景品が出品される景品抽選会もあり、昨年オープンしました「希の丘」の職員の方々にも多数当選者が出るなど大変盛り上がりました。

次回の幹事は1階の放射線科、検査科、医事課、在宅部門の予定です。
職員ならびに近隣の諸先生方におかれましては是非期待して頂ければと思います。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

20170102_secretariat_02

メニュー