「第3回心房細動治療を考える会」を開催いたしました

SONY DSC

2016年9月1日(木)「第3回心房細動治療を考える会」を開催いたしました。

<基調講演1>
座長:三宅 仁先生(三宅内科医院 院長)
演者:阿部 幸雄先生(大阪市立総合医療センター 循環器内科副部長)
『心房細動に伴う僧房弁逆流:atrial functional MR』
<基調講演2>
座長:岡田 行功先生(みどり病院 心臓弁膜症センター長)
演者:久我 純弘先生(大西脳神経外科 副院長)
『脳塞栓症急性期治療とその後の予防』
<症例検討会>
座長:室生 卓先生(みどり病院 院長)
平崎 智士先生(平崎内科循環器科クリニック 院長)
演者:武本 知之先生(みどり病院 循環器内科)
『高齢心房細動患者に発症した虚血性僧房弁逆流による重症心不全に対して手術が奏功した1例』
パネリスト:三宅 仁先生(三宅内科医院 院長)
阿部 幸雄先生(大阪市立総合医療センター 循環器内科副部長)
久我 純弘先生(大西脳神経外科 副院長)

共催:ブリストルマイヤーズスイクブ株式会社/ファイザー株式会社
第3回心房細動治療を考える会 第3回心房細動治療を考える会 第3回心房細動治療を考える会

メニュー