2018年 訪問看護ステーション 引っ越し大作戦!~たった5メートル先に移動しただけで笑顔が増えました~

平成30年3月にみどり訪問看護ステーションは引っ越しをしました。
といっても隣の建物に移動しただけ。
たった5メートルの移動なのですが、それでも引っ越しは引っ越し。
その労力は想像以上に大変なものでした。
こんな小さな事務所にこれだけの荷物があったのか!と実感。
年度末の忙しい時期。
とはいえ自分たちの事務所の引っ越しです。
当然のことながら荷造りは自分たちで行います。
業務の片手間に少しずつ引っ越し準備をすすめました。
スタッフは軽口で文句を言いながらも、“あーだ、こーだ”と主婦の知恵を発揮しつつ、引っ越し作業に協力してくれました。
土曜日の午後、スタッフがボランティアで協力し、引っ越しが無事終了しました。
いざ新しい事務所で暮らしてみると、これがなかなか快適(笑)!
思い起こせば、以前の事務所は法人内の他の事業所が使用していた部屋でした。
リフォームは行わずそのまま使用していたため、あらゆる場所にガタがきていました。
天井はシミだらけ。
壁紙の切れ目がところどころ剥がれ、事務用ボンドで応急処置をしたり、上からポスターを貼り付け目隠しをしていました。
上階からの水漏れで天井の一部が落ちてきたこともあります。
床の一部は歩くと下に沈むため、“デンジャラスゾーン!”と命名。
そこを踏まないことが暗黙のルールとなっていました。
地震でもないのに蛍光灯が突然落下したこともあります。(誰もいない時で良かった。)
今思うと、まるでお化け屋敷ですね!(笑)
でも不思議、そんな事務所だったのに毎日過ごしていると慣れてしまい、それはそれで『不自由なし』と思っていたのです。(私だけかもしれませんが…)
新しい事務所は吹き抜けで天井も高く、照明も明るくなりました。
窓が少ないのが難点ですが、エアコンがちゃんと動くので助かります。(あたりまえのことですが…)
引っ越し後に理事長がふらっと立ち寄り、「どうや、快適になったやろ!」と笑って言われた時は、スタッフ一同、思わず大きくうなずいていました。
新しい事務所に移転し、4月の新しい風に乗って一人の新人スタッフが入職しました。
待ちこがれた常勤スタッフです。
スタッフ一同大喜びしたのは言うまでもありません。
心機一転とはこのこと!
新しいスタッフも加えて総勢12名。
ますます暑くなる夏に向かって、熱意あふれる日々が送れそうです。
これからも“暮らしに笑顔を!”をモットーに、スタッフ一同で協力しながら、訪問先だけではなくこの職場も、笑顔あふれる居場所にしたいと思います。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

メニュー