「おねがい!おほしさま☆彡」

今年もみどり保育園に七夕の季節がやってきました。

みなさんは、七夕の短冊にどんなお願いをしましたか?

 

たなばたの準備で

笹飾りをシール貼りやにじみ絵に指スタンプなど、

色々な技法を使いながら遊びの一環で作りました。

 

2歳児になると自分で織姫様、彦星様の顔を描く子どもたち。

今年はどんなのを作ろうかな?

どんな風に飾れば綺麗かな?

と保育士も頭をひねりながら、

子どもたちが楽しめるように工夫しました。

 

7月7日、たなばた会がスタート。

まずは保育士お手製のスケッチブックシアターで、

簡単なたなばたの由来を教えてもらいました。

「おりひめさま」「ひこぼしさま」の名前を覚えるのが難しく、

苦戦する子どもたちが可愛らしいです。

織姫様と彦星様が会えるように願って、

天の川に星を貼って、

橋を作っていきました。

 

その後は

自分たちで作った飾りを笹の葉に飾りました。

本物の笹を用意し、保育士や保護者と一緒に、

楽しんで飾ることができました。

完成した笹飾りを見て、

「僕の、どれかな??」

と探しています。

最後にお楽しみのプラネタリウム。

天井に光る星を見て

「きれいね~!」

と大興奮でした♪

 

たなばたの日は雨が多いですね。

もしかしたら、織姫様と彦星様が会えた、

嬉し涙かもですね。

メニュー