「春うらら」~楽しさいっぱい、夢いっぱい~

園庭の桜も満開になり、
すっかり春の陽気になりました。

毎年、年度末の3月に、
貸し切りバスを借りて、親子遠足を行っていましたが、
昨年は、新型コロナウイルスが蔓延する直前で
行く予定だった、神戸アンパンマンミュージアムに行くか行かないか
試案しましたが、中止にしました。

今回もコロナ禍でも楽しめる場所を探しましたが、
行き先はなかなか見つからず
今年も親子遠足は中止することになりました。

1年間行事も変更してきたので、最後に何か楽しめることはできないか
保育士で相談した結果、
保育園で、いろんな遊びが出来る、テーマパークにして楽しんでもらおう!となり、
3つの保育室を
「ゲーム エリア」
「フード エリア」
「エンタテイメント エリア」
に分けて、準備しました。
「ゲーム エリア」では、
落書きコーナーやアスレチック、金魚すくいなど
子ども達が大好きな遊びを自由に出来るようにしました。
それぞれ好きな遊びを見つけて楽しんでいました。

一通り遊んだ最後に、順番に紐くじをして、
種類の違うしゃぼん玉のおもちゃが当たり、満足そうでした。

次の「フードエリア」では、
みんなの大好きなメニューがテーブルにずら~り。
でも全部、紙で作った物なのです。

子ども達がお客さんで、保育士が店員さんになり、
ビュッフェスタイルで好きな食べ物をトレーに取って、
椅子に座ってままごと遊びを楽しみます。
なくならないので何度も繰り返していました。

最後に、「エンタテイメント エリア」では
保育士のショーを見て楽しみました。
「空とべ、あおむしくん」という、
あおむしくんの成長するペープサートや
「ふしぎなドリンク」という、
水がジュースに変わるマジックをしました。
子ども達が手をたたいて、とても喜んでくれました。

予定時間を押してしまいましたが、予想以上に喜んでもらえ良かったです。
給食は、いつもと違う「ランチボックス」でお弁当箱に
好きなおかずを詰めてもらい、みんなでおいしく食べました。

メニュー