看護師になって5年目 これからも日々の学びを成長し続けます

みどり病院に入職してから5年目になりました。

看護師国家試験を無事に合格し看護師として資格を持って初めて勤めた病院が、みどり病院です。

私が看護師を目指すなるきっかけとなったのは、幼少期のころ体が弱く病院によくお世話になっていたことでした。

その際に看護師に優しく接してもらい、その優しさを次は自分から他者に提供できるようになりたいと思い看護師の道を選びました。

学生の勉強・実習期間を終えて看護師として就職し仕事をはじめた1年目はわからないことが多く、周囲の先輩方についていくことすら大変でした。

ですが少しずつ勉強をして経験を重ねていくうちにいつのまにか看護師として5年目を迎えていました。

 

いろいろな経験をしていく中でうれしいことや頑張ったと思えることがたくさんありましたが、つらい経験も記憶に残っています。計画通りにいかなかったときや上手くいかなかったときは看護師という仕事が自分に向いているのかと迷うこともありました。

そんな日々を感じながら何とか踏ん張って乗り越えていきました。

振り返ってみれば自分にとって成長につながる良い機会でたくさんのことを学ばせていたと思います。

先輩看護師から「時間の管理をしっかりしたら早く仕事が終わるよ」「優先順位を考えて取り組んでみたら?」と指導を受けたりしました。

今までの「大変だ」と感じていたことは、よく考えてみれば看護師として経験不足が原因であったことが多かったように思います。

なので「経験がなかったことをさせていただいている」と考えれば、落ち込むことなく前向きに頑張ることができたと感じています。

 

また、入職したての時は業務の中で、どのように処理をすればいいのかしっかりとわかっていない状況で自分の判断で動いて解決しようとしたこともありました。

その結果、中途半端になって周囲のスタッフに迷惑をかけていました。そして何度も同じことを繰り返してしまうこともありました。

ですが病棟の先輩方に「何かあったら一緒に手伝うよ」「わからないこととか経験の少ないことに当たったら素直に聞いてよ」と熱心に指導・声掛けしてもらい、今では自分の経験の少ないことやわからないことがあれば先輩やスタッフに、どうすればよいのかまず直接聞いて相談してから、考えて動くようになりました。

 

まだまだ分からないことや難しいことが多いことを実感しています。

医療的な側面で見れば、2階病棟では心臓弁膜症手術の患者さんが多く入院されるので、他の病院でもあまり経験できないような医療処置や看護が多いと思います。

専門的な知識が必要な患者をみて学ぶべきことや経験すべきことが多いので、頑張って少しずつ成長し実績を積み重ねて、いずれは大きな仕事も任せてもらえるような看護師になれるように努めていきたいと思います。

 

メニュー