患者様の暮らしを第一に〜みどり病院に入職して〜

昨年の9月に入職し3階病棟で勤務する卒後4年目の看護師です。
看護師3年目から昨年夏まで、美容医療の現場で勤務しており、病棟勤務はブランクがある中でしたのでかなり不安がありました。
職場が変わると職場の雰囲気や勤務の流れなど変化が多く、はじめは慣れることに必死でしたが、4ヶ月経つとだいぶ慣れることができて参りました。
消化器、整形外科の看護は初めてで戸惑うこと、わからないことも多くありましたが、先輩方のご指導の元、日々精進しております。

以前、勤務していた病院では自立している患者様がほとんどであり、地域との連携を行う機会も少なかったため、みどり病院に入職してから地域包括の現状や、多職種連携の重要性なども改めて学ぶ良い機会となっております。

職場が変わっても私が大切にしていることは、患者様の生活を第一に考え、患者様がその人らしく生きていくための手助けをしたいという信念を曲げることなく、看護に努めております。

コロナウイルス感染症の再拡大に伴い、患者様の面会制限等、制限されることも多く医療従事者として心苦しいことも多いですが、基本的な感染対策を遵守し、患者様が安全な療養生活を送っていただけるよう最善を尽くして参ります。

メニュー