ペットと暮らす中で感じた命を預かる責任

看護部/外来

初めまして。
診察室で先生に「運動はしていますか?」と聞かれて「犬の散歩くらいです」と答えている患者様がいると、どんな犬なのか聞きたい!と思ってしまう犬猫好きの外来クラークNです。
今日はみどり病院で勤務する私が、ペットの飼い主の立場から感じた命の大切さについて、お話しさせていただきたいと思います。

我が家には犬と猫がいます。
保護犬と保護猫で、どちらも雑種です。
まずは犬のご紹介です。
生後3か月頃に山で保護された元野犬。とても怖がりの女の子です。
飼い主以外、触れません。人が怖くて、特に大きな声で話す男の人が苦手です。(笑)
買い与えたおもちゃは全て破壊。猫が来てから猫じゃらしが大好きになりましたが、そんな猫じゃらしも破壊しました!!

そして、猫のご紹介です。
生まれてすぐに兄弟と一緒に段ボールに入れられ、道に捨てられていた、可愛い声で鳴く男の子です。小さい頃から人に育てられていたので、とても人懐っこいです。おもちゃが大好きで犬のボールも追いかけますが、持って来てくれません。(笑)
そんな犬と猫がいる毎日に癒されています。

保護犬と保護猫を飼っていると話すと「すごいね!」や「社会貢献して偉いね」等と言われることがありますが、何も特別なことではないんですよ。
ペットショップで犬や猫を買わなかっただけです。
ペットショップ以外でも犬や猫を譲り受け、飼うことが出来ると知っている人が少ないと思います。そんな私も数年前まで、犬や猫を飼いたいと思った時は、ペットショップに行くしかないと思っていました。

保護犬を知ったきっかけは、妹が何十万もする子犬を飼いたいと母に相談していた時です。母が妹に「保護犬って知ってる?日本には殺処分される犬がたくさんいるのよ。犬種にこだわりがなくて犬が好きなら、そういう子たちの命を一匹でも救ってあげて。でも、そういう子たちは、ほとんど雑種。周りの犬を見て、やっぱり雑種は嫌と思うなら、保護犬はやめときなさい」という母の言葉で私は保護犬を知り、妹は元野犬の保護犬を飼うことを選びました。
同じ犬でも殺処分される子がいるのか・・こんなに可愛いのになぜ?と命について考えさせられました。

この時まで保護犬って名前は聞いたことがあるくらいで、保護犬について何も知らず、なんとなく可哀想とか元野犬って凶暴で怖そうとかマイナスのイメージが強かったのですが、皆さんもそうじゃないですか?元野犬は、個体差あると思いますが、無駄吠えせず、人の言葉をよく聞きとても賢いです。ペットショップにいる犬と変わらず可愛いです。

ただ保護犬や保護猫は可愛いですが、飼う難しさはあります。
人間と触れ合ってこなかった犬や猫たちは、中々、懐かないです。
飼い主でも触れない子もいます。我が家の犬の場合、飼い主以外に懐きません。
周りの犬と比べてしまうこともありましたが、今ではそれがとても可愛く思っています。
そして我が家の猫は、活発でとにかく走り回ります。猫に詳しい方に聞いたところ、保護猫は運動神経が良い子が多く、飼うのは大変だそうです。

保護犬や保護犬を飼うには、一度、犬や猫に対する固定概念を捨てる必要があります。
それぞれの個性を理解し、周りと比べず目の前にいる子と向き合っていくことが大事です。

ところで保護犬や保護猫を飼うには、どこに行けばいいのかご存知でしょうか?
保健所に行くこともできますが、少しハードルが高い気もします。もっと身近に保護犬カフェや保護猫カフェがあります。そこにはたくさんの犬や猫がいて、犬や猫を飼いたい人だけでなく、家では飼えないけど、犬や猫と触れ合いたい人も行ける場所です。カフェに訪れるだけでも、犬や猫の餌代やワクチン代となります。
我が家の犬は保護犬カフェで出会いました。その時の写真です。
この頃は2kg、今は17kgまで成長しました。
怖くて目を逸らしていますね・・

その他には、譲渡会に参加して犬や猫を譲ってもらうことができます。
我が家の猫は譲渡会で出会いました。

こんな風にゲージ越しに対面し、保護主さんに保護された経緯やどんな性格なのか等、気になることは何でも聞けます。別室で抱っこや触れることも出来ます。

譲渡会に参加したからといって、必ず犬や猫を飼わないといけない訳ではありません。
誰でも参加できますので、興味がある方は一度、行ってみてはいかがでしょうか?

どちらの場合でも、その日に犬や猫と一緒に帰れません。(一部、保護団体除く)
書類の手続きをし、飼育に必要な物を買い揃え、後日、保護団体の方が、家に犬や猫と一緒に来ます。その後、トライアル期間を経て、その子にかかったワクチン代等の費用をお支払いして正式譲渡となります。

里親希望者の家に必ず訪れることに始めは驚きましたが「責任がない人に大切な命を預けることが出来ない」という強い思いが感じ取れました。

ペットを飼うことは家族として迎え入れることだと思います。
よく身勝手な理由で飼い犬や猫を保健所に持ち込む飼い主さんがいます。
保健所でも里親募集をしていますが、多くの命がそこで絶えてしまうのが現実です。
保健所に連れていくということは、その子の命にタイムリミットができるということです。
自分の家族、娘や息子に自らの手で命の期限をつける、そんな残酷なことが出来ますか?
与えられた命を大切に全うし幸せな人生を送って欲しいですよね。
家族の命に責任を持つべきです。

責任を持つということは、犬や猫を飼う前から始まっています。
排泄のお世話ができるか?
これから10年以上飼えるか?
もしものことが自分に起きた場合、預ける人や場所があるか?
犬の場合は、散歩も必要で1年に1回予防接種を受け、病気になれば病院に連れていきます。結構お金がかかります。経済的に余裕はあるか?
など事前に考えてみてください。

そして責任を持って犬や猫を飼えるとなった時、ペットショップに行く前に一度、保護犬や保護猫を見てみてください。

あなたが保護犬や保護猫を1匹飼うと2匹の命が救われます。
その子の命とその子の空いた席に来る子の命です。

この記事を読んで保護犬や保護猫を飼う選択をしてくださる方がいれば幸いです。

メニュー