制服チェンジで気持ちも新たに頑張ります!

2022年3月にみどり訪問看護ステーションの制服が変わりました。
実は・・・2021年の12月頃にスタッフ間で相談・検討しました。
今までの制服の反省点や改善したいことなどピックアップしたり、体型や好みも違う12名の意見を「あ~でもない」「こ~でもない」「こっちも試してみよう」などみんなで和気あいあいと試着会をしたり、制服の冊子とにらめっこしながら、決めさせてもらいました。

もちろん、デザインや色味だけで選んだ訳ではありません。訪問時はずっと座ったまま、立ったままという事はなく、入浴介助をしたり、リハビリの体操をしたり、と訪問先で動いている事が多いので動きやすさ、生地の厚さや伸縮性など色々な動きをして検討しました。みどり訪問看護ステーションには全身の姿見鏡がないので、本人の着用感も大切ですが、試着しお互いの姿を見合って、サイズ感の検討をしたりとたくさんみんなで悩みながらも楽しく、選ばせてもらいました。選ぶのにかなりの時間をかけたので新しくなるのが当初の予定よりも少し遅くなってしまいました。これから4年間、着続ける制服ですので、選ぶのも真剣です。たっぷりと時間をかけみんなで検討した結果なので、みんなが「いい」と思える制服に決まりました。
そしてやはり新しい物ってワクワクするし、嬉しいですよね。

でも4年間、着て皆さんにも馴染んできたこの制服も見納めとなると思うと寂しいですが・・
訪問では膝をついてお話を聞いたりすることが多いため、実はこのズボンの膝はテカテカしており薄くなっています。破れそうです・・と言いますか、実際に膝の部分が破れてしまい、ズボン交換となったスタッフもいます。それはたくさんのお宅へ訪問させてもらって、お仕事をしてきた証なんですが破れた制服で訪問するわけにもいかず、今回からはズボンを3着→4着へ増やしてもらえることになりました!ローテーションで着ていくことで膝への負担が軽くなってくれると思います。
これは事務の方の交渉術のおかげだと思います。ありがとうございます。

上着を着ると今までのピンクではなく、紺色がメインカラーとなりそうですが・・
夏は今まで同様にピンクと紫の2色となっておりお馴染みのカラーです。新しい制服をみて利用者さまも「明るい色でいいすね」「華やかになった」「ちょっと雰囲気変わって可愛い」など好評価をいただいています。

見慣れるまでは少し違和感を感じるかもしれませんが、制服が変わっても私たちの仕事ぶりは変わらず、もしかしたら新しく制服が変わった事でやる気UPし今まで以上にパワフルに働けるかもしれません。
皆様、新制服となったみどり訪問看護ステーションのスタッフをよろしくお願い致します!

メニュー