フレー!フレー!ママさんナース!

20160316_nursing-2f_02
春がぼちぼちと近づいて来ましたが、まだまだ寒い日もあり風邪を引きやすい時期です。
体調管理は大丈夫ですか?

みどり病院は子育て真っ只中のママさんナースが多く、私もその中の一人です。
勿論!ママさんナース予備軍の独身ナースも多くいます。
まだまだ看護師は女性が圧倒的に多い職業です。
結婚・出産・育児・・・時間的な制約や自分自身の体力的なこと・子供の体調などの理由で、どこかで看護師という職業をあきらめてしまうことも少なくありません。

子供がいても働きたいと思うスタッフがいることは、みどり病院にとってありがたいことです。
そして、そんなスタッフをサポートしてくれるのも、みどり病院です。
私が働き出したのも、みどり病院に院内保育所があったからです。
但し、保育所があっても、スタッフの理解がなければ働き続けることはできません。
子供は突然熱を出したりします。
子育てしながら看護師を続けるには、普段から周りに自分の状況を理解してもらうことが必要だと思います。
その中で独身ナースや先輩ナースが協力的で、子供は熱を出すもの思っていてくれているので、ママさんナースは申し訳なく思いながらも、安心してお休みを頂けます。
いつもありがたく思っています。

お休みを頂くのに、職場への電話は当たり前ですね。
でも、これがまた!掛けづらいのです。
「すみません、また子供が熱を出しまして・・・」
オズオズと切り出すと、
「どんな具合?大丈夫?また、受診したらどうだったか連絡してね。お大事に。」
と気持ち良く対応して頂き、
「無理させたら長引くからしっかりと治ってから出勤したらいいから」
「子供は風邪も引くし、感染の病気もするものだから」
等、安心して休める様な言葉を掛けてくれるので、とても助かります。
また、次に出勤した際には
「子供さん、もう大丈夫?」
と温かい言葉を掛けてくれるので、本当に救われ、表情がほころびます。
そんな環境の中での仕事は、自分自身頑張ろう!と思わせてくれる職場だと思っています。
自分が経験してきた道、これから経験するであろう道だからこそ、お互いを思いやりながら働いています。

メニュー