検査科

みどり病院検査室では国家資格を有した臨床検査技師10名と検査室クラーク1名が在職し、外来や病棟の患者さまの検査を担っています。

入院患者さまは早朝に病棟にて採血を行い、外来患者さまは外来処置室にて採血を行い(午前中は検査技師が当番制で外来の処置室にて採血をして検体を検査室へ届けています)依頼のあった項目にたいしての検査をしています。提出して頂いた尿検体についても検査をしています(検体検査)。また検査室や外来処置室にお越しいただき心電図検査(安静時心電図・負荷心電図・24時間心電図など)や心音図検査、動脈硬化の検査、肺機能検査、各種超音波検査などをしています(生理検査)。

生理検査では、私たちは直接患者さまと顔を合わせるので検査の内容などをご説明したりできますが、検体検査では既に患者さまの身体を離れた血液での検査となり、何をどうしているかはお伝えできないのが実際となります。採取させて頂いた血液も患者さまの一部分であり、生理検査と同様に、お名前を確認させて頂いき前回の検査結果と比較しながら各種項目の検査分析をしています。

検査項目と導入機器のご紹介

検査項目

・検尿、尿沈渣、真菌検査
・末梢血一般(CBC)、生化学検査、血液ガス分析等
・血液型、輪血検査(クロスマッチ)、出血凝固検査、凝固検査
・妊娠反応(hCG検査)、A型・B型インフルエンザ迅速検査
・心電図検査(12誘導)、マスター負荷心電図、トレッドミル負荷心電図
・ホルター心電図検査(長時間心電図)
・心音図検査
・超音波検査(心臓:経食道エコー,運動負荷エコー,薬物負荷エコー)
・超音波検査(腹部・頸動脈・下肢動脈・下肢静脈・甲状腺・乳腺等)、ラジオ波焼灼療法等
・動脈硬化検査
・呼吸機能検査
・聴力検査
・睡眠時無呼吸症候群簡易検査(Smart Watch)
・終夜睡眠ポリソムノグラフィ検査(PSG)
*検査項目によっては予約をいただくものもあります。

導入機器

血液ガス分析装置、電解質分析装置、自動臨床化学分析装置、血糖測定器、血液凝固検査装置、全自動血球計数機、心電図計、ホルター心電図、トレッドミル(運動負荷心電図)、電子スパイロメ一夕(呼吸機能測定器)、超音波診断装置、血圧脈波分析装置(動脈硬化検査装置)、オーディオメータ

生理検査

20_examination_01

心臓を心電図や超音波検査などを用いて調べます。脈のリズムや、心臓の形、大きさ、動き、血液の流れを観察することにより、不整脈や弁膜症、虚血性心疾患、心筋症、先天性心疾患を発見し治療に役立てます。

心電図検査

心電図検査は心臓の異常の一般的なスクリーニング検査です。
・高血圧、心筋疾患に伴う心肥大の有無
・心筋梗塞や狭心症などの虚血性心疾患
・不整脈
などがわかります。(ベッドに休んで頂き数分で終了します)

ホルター心電図検査

ホルター心電図検査(長時間記録心電図検査)は、通常の心電図検査では捕らえきれない日常生活中に出現する心臓の異常などの記録を行う検査です。
・不整脈の有無や種類、頻度、持続時間
・狭心症
など持続時間の短い不整脈や狭心痛などもわかります。シール電極と機械を装着して約24時間の心電図記録を行います。原則予約検査で取り付けに10分程度かかります。検査当日の入浴はできません。
*院内にて解析をします。一週間程度で結果が得られます。

心音図検査

聴診で心雑音が聴取された場合に専用の機械により雑音や脈派の記録をおこないます。
・弁膜症の重症度
・心不全
などが客観的に捕らえられます。(手術の前後の比較も行われます。)

呼吸機能検査

肺の機能の一般的なスクリーニング検査(肺活量、一秒率の測定)です。
・喘息、慢性呼吸器疾患の有無
・手術前検査等、スクリーニング
など肺の状態がわかります。専用の紙筒をくわえていただき指示に従って呼吸をしてもらいます。Smart Watch、PSG検査についての詳細は睡眠時無呼吸症候群(SAS)の項をご覧ください。

心臓超音波検査

心電図検査や胸部レントゲン、聴診等で異常を指摘された場合に心臓の機能の評価をする検査です。
・弁膜症(手術適応の評価から術前や術後のフォロー)
・心筋疾患
・動脈硬化性疾患
・心房細動(高齢者に最も多い不整脈)に伴う梗塞の原因となる血栓の有無
・スクリーニング
などを幅広くおこなっています。
*食事の制限はありませんが、検査時間が長くなる場合があるためトイレに行っていただいておくと安心です。
通常の心臓超音波検査では評価が不十分な場合には以下の検査も行っています。
●運動負荷エコー
●薬物負荷エコー
●経食道エコー
*経食道エコーは絶食ならびに咽喉の麻酔が必要となります

腹部超音波検査

おなかの臓器(肝臓・膵臓・腎臓・脾臓・胆嚢・膀胱・前立腺・子宮・卵巣・消化管・腹部大動脈など)の異常の有無等をみる検査です。
・腫瘍(がん)の有無
・脂肪肝、肝炎
・膵炎
・胆嚢炎、胆嚢ポリープ、胆石
・腎結石
などの病気がわかります。
*膀胱を観察するために、できるだけ尿を貯めておこしください

頸動脈エコー

脳に血液を送る血管のつまり等をみる検査です。
・動脈硬化による血管の変化
・プラーク(血管にこびりついたかす)の性状の評価
プラークの種類によっては、柔らかくちぎれて脳に流れていきやすく脳梗塞になりやすいものもあり、そのような危険なプラークも見つけることができます。

動脈硬化検査

20_examination_02

動脈硬化をご存知ですか? 日本の3大死因は「がん」「脳血管疾患」「心疾患」です。なかでも脳血管疾患と心疾患は、いずれも血管の壁が厚くなって弾力性が失われ、血管が劣化したり狭くなってしまう「動脈硬化」が原因です。

ABI・PWV検査

当院では、動脈硬化度の早期発見に向けて、COLIN社製のフォルムPWV/ABIを導入しています(保険適応)。10分程度で動脈硬化度の検査が出来ます。

1.ベッドに横になって血圧計などを装着します
2.測定中は安静にしてください。測定後、プリント結果がでます
3.測定結果をもとに今後の生活や病気に関するアドバイスを受けます
この検査でABI(※1)とPWV(※2)を同時に測定し、血管の硬さと狭窄を知ることができます。また得られた波形などの情報から動脈硬化を総合的に診断することができます。検査は、血圧を測るのと同じくらい気軽に受けられます。両手、両足首の4箇所の血圧を同時に測定するだけなので、痛みはありません。薄手の服でならそのまま測定できます。

(※1)ABI(Ankle-Brachical Index)・・・上腕と足首の血圧比
首と上腕の血圧の比を測定することで、血管の狭窄の程度が分かります。
健常人の場合、足首血圧は上腕血圧より高いのが普通ですが、
足の動脈が脂質等で詰まったりすると、血流が悪くなり上腕の血液より低くなり、ABIの値が低くなります。
(※2)PWV(Pulse Wave Velocity)・・・脈波伝播速度
心臓から押し出された血液により生じた拍動が、血管を通じて手や足に届くまでの速度のことで、
脈波伝播速度と呼ばれます。
血管が硬い程、その速度は早くなります。

肝癌治療について

当院では肝癌の治療として下記を行なっています。
1.外科手術による肝切除
2.カテーテルを用いた肝動脈塞栓療法および肝動注化学療法
3.超音波ガイド下に腫瘍を壊死させるための針を刺し、治療を行う
●ラジオ波熱凝固療法(RFA)
●マイクロ波凝固療法(PMCT)
●エタノール注入療法(PEIT)

ラジオ波熱凝固療法(RFA)について

RFAは経皮的に腫瘍へ挿入した針型の電極に、ラジオ波(Cool-tip RF systemは周波数:480kHz)を発生させ、その発生した熱により腫瘍を壊死させる治療です。当院ではラジオニクス社のCool-tip RF systemを導入しています。

新着ブログ記事

メニュー