薬剤科

新着ブログ記事

みどり病院薬剤科のご紹介

みどり病院薬剤科では、入院患者さんの調剤・服薬指導だけでなく、院内の医薬品の管理、供給・情報提供を主に行なっています。
病棟業務やカンファレンスにも積極的に参加し、チームで実践する医療を実現するため、専門知識の習得や学会発表にも取り組み、医薬品の専門家としてみどり病院の医療に貢献しております。
私たちが薬剤師として、最も重要だと考えるのは医師や看護師と同じように患者さんを診ることです。
何気ない会話から医薬品の効果や副作用を発見し、より安全で適切な薬物療法を行なっていくことがみどり病院薬剤科の役割であると考えております。

薬剤科の主な業務内容

調剤業務

当院は院外処方率がほぼ100%であるため、主に入院患者さんの処方箋の調剤を行なっております。
医師が処方する処方箋をもとに、処方が適切であるか、年齢・性別、用法・用量、腎機能、肝機能、併用薬(飲み合わせ)などを電子カルテにて確認しています。必要があれば医師に問い合わせ(疑義照会)を行います。
多規格がある薬剤などは、処方箋に確認事項がすぐわかるようにチェックをつけながら調剤し、監査時にもう一度処方箋、調剤した薬剤を確認しています。
また処方監査システムを導入し、重複薬剤、併用禁忌薬剤があれば自動でアラートが鳴るように設定し、監査のシステムを強化しています。
このように患者さんに安心で安全な薬物療法を提供できるよう努めています。

注射業務

注射調剤では医師が処方する注射箋をもとに年齢、投与量、腎機能、併用薬、配合変化の有無などを確認し投与速度や時間を見て患者さん毎に個別に調剤し病棟へ払い出しています。
電子カルテが導入されたことで処方の書き間違いや読み間違いなどがなくなり調剤、監査業務もスムーズに行えるようになり、より安全な薬物療法の体制を整えることができました。

ミキシング(混注)業務

製剤室にて高カロリー輸液や抗がん剤、院内製剤の調製を行なっています。
点滴から栄養を補給する患者さんに対して、高カロリー輸液を投与する時は、薬剤師がクリーンベンチ(無菌環境)で毎日混合操作を行います。
抗がん剤は患者さん個々に投与量が違います。
医師が化学療法のメニューを決定しますが、病棟薬剤師が投与量、投与速度などに間違いがないか確認し調剤しています。
安全キャビネットにて暴露が無いように調製を行なっています。

治療薬物モニタリング(TDM)

抗てんかん薬や抗菌薬の血中濃度測定や効果・副作用のモニタリングを行っています。特に抗MRSA薬の一つであるバンコマイシンを使用する患者さんは全例TDMを行い適正の推進に努めております。

薬剤管理指導

薬剤管理指導とは入院患者さんのベッドサイドに赴き、現在服用中のお薬の効果や副作用のチェックを行うことです。検査データだけではわからない患者さんの状態について患者さんを実際に診て、お話しすることで薬剤師の視点からフォローしております。

病棟業務

当院では平成27年4月より病棟薬剤業務実施加算を算定し、薬剤師が病棟に常駐することで患者さん一人一人に適切な薬物療法を提供できるよう取り組んでおります。医師や看護師とのコミュニケーションを重視し、スタッフからも信頼を寄せられる存在でありたいと考えています。
看護師とコミュニケーションを取りながら、お互いに情報交換し、患者さんの状況を把握し、必要があれば医師に処方提案や疑義照会を行なっています。
入院された患者さんの元へ行き、持参薬の確認や初回面談を行い、いち早く入院された患者さんのことを知れるように努力しています。
病棟業務では出来る限り患者さんのベッドサイドへ行きお話し出来るように努めています。

薬学部からの実務実習生の受け入れ

薬学部も6年制となり、薬剤師を志す薬学生には11週間の長期実務実習が必修となっております。
薬剤師の指導の下、病棟業務をメインにほかの部署への見学や臨床現場ならではの指導を行っております。

薬局長 挨拶

近年、医療の高度化・新薬の開発等に伴い、そのニーズは多様化してきており、病院薬剤師の業務は大きな変化を求められています。
「医薬品の適正使用」及び「医薬品の安全管理」が薬剤師業務の基礎である事は言うまでもありませんが、私達薬剤師は「より良い薬物療法を実現する」ことをビジョンとして、医師・看護師をはじめとした医療スタッフと連携しながら薬物療法に関わっています。
そして、患者さんが退院後もシームレスに薬物療法が行えるよう、地域の保険調剤薬局との連携強化も推進しております。
また、変革する薬剤師業務に対応していくためには、スキルアップが必要不可欠です。そのために当薬剤科は常に自己研磨に努め、患者さん・医師及び医療スタッフから「信頼」を得て、社会に貢献できるような薬剤師を育成し、確固たる組織を構築していきたいと考えています。

薬剤科理念

「信頼」

行動基準

  1. 専門性:生涯にわたり学習する専門職であることを自覚し、自己研磨に励み、探究する努力を惜しまない
  2. 責任性:スタッフの協力を得ながら、責任を持って業務を達成する
  3. 協調性:全体のバランスとチームワークを優先させ、一度決まった事には協力していく
みどり病院 薬局長
高塚 英和

薬剤科の業務(特色)

<膠原病>

当院では関節リウマチの患者さんが多く来院されます。
現在は新規にリウマチと診断される患者さんが少なくあまり実施していませんが、リウマチ財団登録薬剤師が、DAS(Disease Activity Score)28と呼ばれる指標を用いてリウマチという病気の活動性について評価を行ったりしています。

<循環器>

2階病棟は循環器科の患者さんが多く入院されています。
心臓血管外科の手術を受けられる患者さんも来られます。
そんな2階病棟では利尿剤、降圧剤、抗凝固剤や抗血小板剤などが多く使用されます。
利尿剤の使用中は浮腫の程度や夜間頻尿で困っていないか、電解質に異常はないかなどを確認したり、降圧剤を使用中は低血圧にも注意しています。
ワルファリン使用中の方は血液検査のデータを定期的にチェックしてワルファリンが効いているかどうか、また効きすぎていないかどうかしっかり目を光らせています。

<消化器>

3階病棟は消化器科の患者さんが多く入院されています。
がん化学療法においては主治医と抗がん剤について相談しながら患者さん個々に投与量が適正かどうかなど確認を行っています。
患者さんに事前に説明を行ったり、疼痛コントロールについても状態を確認しながら行っています。

その他

メニュー